LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

012713.jpg

一月のひどく寒い夜、一人の男性が、氷のように冷たいミシガン湖で自殺しようとして、シカゴの街頭をよろめきながら歩いていました。ところが、ある街まできた時に、神が手をさしのべたのである。この男性はその街で、パシフィック・ガーデン・ミッションの戸口から中へ引き入れられたのでした。

ちょうどその時、以前は偽金造りだったハリー・モンローが聖歌隊の指揮をしていました。若い酔っ払いが座席に案内されてくるのを見て、彼は音楽を中断し、「祈りましょう」と言った。「おお、神よ、この気の毒な青年を救ってください」メル・トロッターは、祈りを聞いている間、頭をまっすぐに立てていました。それから、彼はどうにかこうにか、あかしと説教の一部を聞いた。その間中ずっと、彼の頭には、過去の痛々しい思い出が次から次へと浮かんできて、頭がくらくらするほどでした。

彼の父はバーの経営者で、アルコール中毒でした。19歳のとき、彼はお酒を飲み始めました。勝てると思っていた賭博に負け、職を失いました。それから結婚をしましたが、その時、花嫁にむかって「これからは決して酒を飲まないからね」と約束しました。ところが、ある夜、長い道のりを馬車で旅した後、メルは馬をつなごうと馬屋に入った。突然、お酒が飲みたいという悪魔的ともいうべき欲望が、彼のうちにわきあがってきて、そのまま、吹雪の中を出て行き、戻ってきたときは、酔いつぶれているほどでした。

その後、何度もお酒をやめる事を試みましたが、どの場合もうまくいきませんでした。メルは病院に収容され、アルコール依存症の治療を受けました。退院する時、薬をもらいましたが、15分後にはその薬はグラス3杯のウィスキーに変わってしまいました。妻が子供を出産しても、彼の飲酒はやまず、ある時、メルが10日間飲み歩いてのち、家にもどってみると、妻が死んだ男の子を腕に抱いていました。悲しみと自分の家を捨てて顧みなかった罪悪感に打ちひしがれて、自殺する決心をしたのです。

妻は泣きながら幼児を下ろし、ひざまずいて祈った。それから立ち上がって、メルを腕に抱きしめ、その自殺を思いとどまらせたのでした。「これからはぜったに一滴も飲まないよ」と、彼は熱い涙を流しながら、約束しました。ところがである。息子の葬式が済んでから2時間後、メルは千鳥足で家に帰ってきたのです。

こういった暗い過去をすべて背後に残して、メルは自殺するために、ミシガン湖に向かったのです。だが、彼はミシガン湖へは到着しませんでした。なぜなら、ミッションに引き入れられたからです。

そこで彼は監督ハリーが語るのを聞きました。ハリーはどのようにして神が自分を飲酒と偽金造りの生活から救ってくださったかを語ったのです。礼拝の終わりに、ハリーは神を受け入れる者の招きを行いました。彼はメルをまともに見つめて、「イエスはあなたを愛しておられます。今夜、あなたの心にイエスを迎えいれる余地をつくりなさい」と言った。メルはとびあがって前のほうへ進んで行きました。

その後、メルはできるかぎり、ミッションで過ごすようになりました。ときにはギターをひき、ゴスペルを歌いました。時々、彼とハリーはチームを作って、シカゴ地区の諸教会を訪れたりしました。

回心してから3年後に、メルはミシガン州グランドラピッズにあるレスキュー・ミッションの監督に任じられました。彼はそこで40年にわたる実り豊かな働きをしました。その間、彼は1500人を収容できるグランドラピッズのミッションを拠点として、この国の66箇所の支部を始めました。これらの働きはすべて、貧しい人々や社会から捨てられた人々に、キリストを宣べ伝えることを意図したものでした。しかも、これらはみな、ミシガン湖で自殺をしようとしていた一青年が、レスキュー・ミッションにより救い出されたことから始まったのであった。

神のご計画には人間には計り知れないものがあります。

(LVJCCブログ制作チーム:Kao)

ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。
2015.04.27 00:00 | 信仰者シリーズ
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.