LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

011813.jpg

今日は、“子育て”ということを考えてみました。

私にも二人の子供がいますが、いつの間にか彼らも31歳(長男)と30歳(長女)になりました。今でも思い出すことですが、彼らが幼い頃、私は二人を見ながら、「もし私の両親が私がこの二人を愛するように私を愛してくれていたのであれば、それは何と感謝なことであろうか」と、親の有難さをしみじみと思ったものです。まさに“子を持って知る親心”でしょうか。

親は自分の子供を可愛がって育てます。それが親の本能です。子供のためにと、子供を厳しく育てる親もいれば、子供を溺愛する親もいます。それもまた親心です。しかし、いずれにしろ子供は、親の願い通りにではなく、育てられたようにしか育ちません。

裕福な親は、幼い時から、子供に高級ブランドのものを与え、高級ブランドは良いものであり、安いものは良くないものであるというイメージが幼い時から子供の心の中に刷り込まれていきます。そうやって子供は、貧しさは悪だという感覚を家庭の中で教え込まれるのです。

子供に苦労をさせたくない、大変な思いをさせたくない、というのも親心です。風邪を引けば、親は子供をすぐ病院に連れて行きます。咳をすれば、すぐに薬を飲ませます。欲しいものがあれば、できる限り買ってあげようとします。現代の出生率の低さは、生まれた子供には、十分な教育を与え、経済的な豊かさを味わわせてあげたいという思いと無縁ではないかも知れません。

しかし、甘やかされた子供は親心を感謝する人間には育ちません。親心を身にしみて感じるには、苦労をし、苦しみの体験を積む必要があります。甘やかされた子供は、やがて苦しみの人生を歩むことになりますが、本人はなぜ苦しみの人生を歩むのか、その心のからくりが分かりません。親も子も互いに分かり合わないまま、苦しんで生きている。それが多くの人々の現実です。

今の世は、“楽して生きたい”という風潮があり、苦しみに耐える力が阻害されています。特に日本では、子供は小さいときから受験競争の中に巻き込まれ、勉強の苦労はするものの、それは希望校に入学することを目標にした苦労であり、受験から解放されたとたんに勉強をしなくなります。それは将来に目標がないからです。

人生において、将来に確かな目標を持つということは大変重要なことです。目標達成は簡単ではありませんが、忍耐をもって進み続ければ必ず目標に近づくことができます。

昔は、松下幸之助のように、幼いときから奉公に出て、苦労して仕事力を身に付け、大成した人が大勢いました。
アメリカでも、エジソンやリンカーンは子供のときから苦学をして大成した人物です。昔に遡るほど、人々は子供の頃から苦労を重ね、人生を練ったものです。豊臣秀吉などは、そのいい例です。

今の時代、中学を出て働く人は落ちこぼれの人間とみなされます。奉公に出る人間は皆無です。もちろん学位を取得することも必要ですが、大成するために本当に必要なことは、自立心と忍耐と仕事力、そしてVisionです。だからこそ、子供には苦労をさせ、自立心と忍耐を持たせるための親業が必要なのです。

そして、さらに大切な親業は、自分自身の生き様を通して、子供が真の神を知るよう導くことです。

今日の一言: 若い時の苦労は買ってでもせよ

平安
鶴田健次

ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。
2013.01.18 00:20 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.