LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

M SG

2012年12月21日(金)に、サウスウェストSG主催で寿司山口にて食事会が持たれました。普段は忙しい教会メンバーですが、こうして一年の年の瀬に共に集まり、報告や励まし合いをできる機会を与えられたこと、心から感謝でした。この日の食事会参加者は、リーダーの松岡さんご夫婦、坂東さんファミリー、スティンソンファミリー、山口ファミリー、そして 飛び入りでご参加されたYさんと共に合計15名の楽しい食事会となりました。

松岡幸夫•みどりご夫妻は、教会でも数多くのご奉仕をされていますが、先日のイスラエル旅行に参加され、当教会のブログ記事にもアップされたのは、記憶に新しいことと思います。

山口愛子姉マーク兄は、ブログにも度々アップされる心臓の病を持って生まれてきた州海(すかい)君のご両親であります。

坂東さんご一家は、美恵子姉・一郎兄ご夫婦と、娘さんの一美姉の3人です。恵みなことに、ご家族揃って当教会で洗礼を受けられました。その後一美姉はケビン兄とご結婚され、長女•愛子ちゃんが生まれ現在2歳半になります。
普段は3人とも、毎週の献金のご奉仕をされています。更に一美姉は、CSのサンデースクールでナーサリーの先生のご奉仕をされています。ご一家ともども影ながらの努力と時間を惜みなく注いでくださる兄弟姉妹であります。

交わりの時間の中では、一郎兄の軽快なジョークとともに、この交わりの貴重な時間のありがたさを話しました。

聖書では、私たち自身を“土の器”である、と記してある箇所があります。罪人である私たちは、臆病で壊れやすい汚れた土の器であることを決して忘れてはいけません。普段の生活の中において、器の中に神を入れるか、自分を入れるかは私たちの小さな選択の中にあります。一人ひとりが神の置かれた場所で神のお役目を全うできるように、これからも身を低くして、自我を砕き、主の忠実なしもべとなって行けるように硬く誓った夜でした。

"しかし、わたしたちは、この宝を土の器に持っている。その測りしれない力は神のものであって、わたしたちから出たものではないことが、あらわれるためである。"第二コリント人への手紙4:7

(LVJCCブログチーム:Sao)

ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.