LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

010213.jpg

皆さん、新年明けましておめでとうございます。
今日は、新年に当たり、“感動的な話”をお分かちします。
私たちの中に潜む優しい心を引き出してくれそうなお話です。


ある家庭に脳に障害のある男の子が生まれた。
そして数年後、さらに次男誕生。

小さい頃弟は喧嘩の度に、
「兄ちゃんなんてバカじゃないか!」
と言うのを聞いて母親は悲しんだ。

だが、
母は何も言わず
じっと待つことにした。

兄が小学一年生に入学した時、
同級生を招いて兄の誕生日の祝いをしたが
兄は、悲しいかな
急に招待した同級生を殴りはじめた。

その時、弟が飛び出してきて・・・・
「お兄ちゃん・・・殴るんだったら僕を殴って。」
「僕なら痛くないから!!」

それを聞いた母は
心の中で
「ぼうや、ありがとう。。。」
と言った。

その弟が小学一年生に入学した時
隣の席は手に障害のある子だった。

体育の授業のある日、
体操服に着替えねばならないので
当然その隣の子は
着替えに手間取って遅れてきた。

しかし、二回目からは
時間通りに来たので
先生は不思議に思い、
体育の授業のある日
先生はそっと教室を覗いてみた。

すると、
あの弟が一生懸命になって
着替えを手伝っているのを見た。

先生は、この事を
みんなに話そうとも思ったが、
せっかく弟が自主的に
やっている事なので黙っていた。

さて、七夕の前日、授業参観日があった。
先生が児童の書いた短冊の願い事を読んでいた。

子供らしい「おもちゃが欲しい」
などの願いの中に・・・

神様・・・
どうか、隣の子の腕を
早く直してください・・・
と書いてあるのを見つけた。
そう、あの弟の書いたもの。

先生は、
たまらなくなって
皆の前でこの弟の
着替えの事を
話し出した。

自分の子が手に障害があるので
皆に迷惑をかけているのではないかと
廊下の隅で小さくなって授業を見守っていたある母親が、
教室に飛び込んできて弟の足元で
号泣した。

ぼうや、ありがとう。
ありがとう。
ありがとう。

ありがとう・・・

今日の一言: 優しさは人の心を変える


平安
鶴田健次

新年あけましておめでとうございます。新しい1年が皆様にとりまして、主にある祝福の1年となりますように、お祈り申し上げます。2013年もクリックで応援をよろしくお願いいたします。
2013.01.02 13:50 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.