LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

kansha sai 2kansha sai 1

去る2012年11月22日(木)は、感謝祭(Thanks Giving Day)でした。

毎年、我が家を開放して感謝祭ディナーを愛する神の家族と共に祝おう事にしておりますが、それも今年で3回目になります。ラスベガスでは、カジノエンターテインメント業界で働いている方がいらっしゃいますので、祝日を返上して働いている方もたくさんおられます。そんな中で、忙しい中の時間を聖別してくださり、今年も兄弟姉妹と共に感謝祭ディナーを祝うことができたことを主に感謝いたします。

メインディッシュのハム、グリーンビーンズ、きのこのリゾット、大学いも、カレーライスや、野菜のグラタン、ポテトサラダ、杏姉妹の手作りクッキー、ピーチパイにアイスクリームを囲んで、主への感謝の祈りをし、美味しくディナーをいただきました。感謝際と言えば、ターキーですが、この日、食卓を囲む話題は、カレーライスでした。やはり私達、日本人には、日本の食文化を象徴するカレーが一番人気だったのです。そして、異国の地で、日本の文化を共に分かち合える同胞を神から与えられたことを感謝する場になりました。

IMG_20121122_162525.jpg

私たち家族は、8年前にラスベガスに引っ越してきました。私は国際結婚をしていますので、家族は、日本とサンディエゴと遠くに住んでいます。核家族が主となるアメリカでも家族と離れた場所に住むというのは、挑戦であり、多くの課題がある現代社会での生活は時として孤独でもあります。しかし、こうして神から与えられた、喜び、悲しみを分かち合える神の家族を心から感謝いたします。

IMG_20121122_194750.jpg
(長女ミカが書いたディナーの招待状:"Dear Family of Christ. Thank you for coming to our. Special Thanks Giving party. We hope you enjoy it! Love,Stinsons ")

そして私達には、罪人でも「そのままのあなたでよい。私のもとに来なさい」と、おっしゃる主の大きな愛が常に降り注いでいます。そんな主の大きなサポートを受けながら、私達が共に歩む聖化の道が祝福されたものになりますようにこの感謝祭の日にも祈りました。

"あなたがたに新しい戒めを与えましょう。あなたがたはお互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、そのように、あなたがたもお互いに愛し合いなさい。"
ヨハネの福音書13:34


(LVJCCブログ制作チーム:Sao)

ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。
2012.11.25 20:23 | 証し
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.