FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

1

2月9日(月)、今年最初の料理教室が、サザンハイランドグループの美佐子姉のお宅で行われました。今年も講師をらい姉と由季姉が交替で1ヶ月に一度スモールグループをまわって行います。

今回は由季姉が講師で、メニューは、シメジのマヨネーズ炒め、みぞれわん、黄花シュウマイ、キャベツの甘酢かけ、以上の春らしい4品でした。

中でも好評だったのが、黄花(ホワンホワ)シュウマイ。
花に見えるよう、白い皮、薄焼き卵の黄色で花びらを表現しています。

2
3
4
5

そして毎日、心を一つにして宮に集まり、家でパンを裂き、喜びと真心をもって食事をともにし、神を賛美し、すべての民に好意を持たれた。主も毎日救われる人々を仲間に加えて下さった。
(使徒の働き 2:46-47)

「同じ釜の飯を食う」という、ことわざの意は「同じ共同体が同じものを食べることによって、同体としての帰属意識を持つこと。あるいはそれを強化すること。」とあります。(ウィクショナリー日本語版より)

ビジネスの世界でもパワー・ブレックファースト、パワー・ランチ、夜の接待、ノミュニケーションなどがありますが、心理学的に人間は仲間と一緒に食事をするのを好み、食事という原始、本能的な営みを共にすることは、相手に親近感や同一感を感じるそうです。

今回はスモールグループ以外のメンバーも参加し、ゲストの方2名を含む計12人の参加でした。教会の礼拝後などではなかなかゆっくり話せないことも色々と話せて、とても良い交わりだったと伺いました。

教会の行事・イベントは初めての方でも大歓迎です。ラスベガスにお住まいの方は、日本人の知人を増やすチャンスでもあります。是非、ご友人も誘って参加してみてください。

(ブログ制作チーム: 堀田)

6
2009.02.20 07:28 | 料理教室
| ホーム |

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.