LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

P9112227B.jpg
2012年9月5日から15日まで、USA・タイ・日本のクリスチャンの兄弟姉妹14名とともに聖地を巡り、主の御足の跡をたどる恵みを与えていただきました。
今回は、イスラエルのことに精通しておられる「山本まみ子師」の企画による聖地旅行2回目で、前回の教訓が大きく生かされた素晴らしい感動と祝福の旅でした。

第一日 「あなたの生まれ故郷、あなたの父の家を出て、わたしが示す地へ行きなさい」創世紀12章1節
P9051321B.jpg(ラスベガスを出発)

ラスベガスを朝6時40分発の飛行機は定刻通り出発。集合場所のロスアンゼルス空港で聖地旅行の皆さんと合流、フィラデルフィアに向かう。フィラデルフィアで乗り換え、大西洋を越えイスラエルのテルアビブ空港まで約11時間の旅が始まりました。

P9051327B.jpg(LAの空港にて)
P9051335B.jpg(飛行機に乗り込む聖地旅行のメンバー)

現代社会に生きている多くの人々は、自分の生活基盤の枠内に安住しています。永遠の滅びか永遠の命か?の選択にあえて目をつむった生活を選んでいます。神は、あなたに「キリストを信じない生活の基盤を捨て、主が示す地へ行きなさい」と言われるのです。

第二日 「わたしは、あなたがたに悟りを与え、行くべき道をおしえよう」詩篇32篇8節
P9061343B.jpg(イスラエル空港到着 最初にした事。。記念撮影)
P9061345B.jpg(ガイドのアビーさんがウエルカムサインを持ってお出迎え)
P9061348B.jpg(バスに乗って市内観光)

家を出てから約24時間、長旅の末、夢に見た主の地は近代的建物と日本車(マツダ車が多い)の町でした。聖地旅行の一般的旅程は、テリアビブからエルサレムに向かいますが、私達は地中海沿いに北上し「ネタ二ヤ」に一泊しました。

P9061362B.jpg(地中海の海とテルアビブの街)
P9061353B.jpg(古代都市からの歴史を有する港町、ヤッファ(ヤッフォ))

ネタニヤに着くまでの約2時間程、市内観光を楽しみました。バスは、かのヨナが神の召命から逃げて,タルシシュへの逃亡を図った出発の港町ヤッファを通りました。ヨナを飲み込んだ大魚の像があり、神の異邦人への愛と憐れみ、ヨナによる異邦人への預言(宣教)に思いをはせました。さらにタビタ(ドルカス)の教会もあり時間があればぜひ訪れてみたい教会です。

P9061355B.jpg(ヨナを飲み込んだ(デフォルメされた)クジラ)
P9061371B.jpg(ホテルに着いた頃には夕暮れ)

ヨナのようなユダヤ愛国者が悔改め、主の使命に忠実になる神の御業は、私達にも及ぶことを信じます。絶えず主の働き人として主の御顔から目をそらさず歩みたいものです。
P9061379B.jpg(夕食後の散歩 ネタニヤの町のウエルカムサイン)

次回からは本格的な聖地旅行の始まりです!

(イスラエル旅行報告: 松岡)

ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。
2012.10.30 20:20 | 証し
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.