LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

Failure_not.jpg

今日は、‘失敗’について考えてみました。

皆さんは‘失敗’という言葉を聞いて何をイメージされますか?敗北、絶望、悲劇、後悔、反省、その類でしょうか?それとも、‘失敗’に対して、もっと積極的なイメージを描く方もおられるでしょうか?実際、失敗の捉え方は人によって様々です。人生において、上手くいく人、いかない人の違いがいくつかありますが、そのひとつが失敗の捉え方ではないでしょうか。

一万回の実験の失敗(?)の末に明るく寿命の長い白熱電球を完成させたトーマス・エジソンは、「私は失敗したことはない。ただ一万通りの上手くいかない方法を見つけただけだ」と言いました。つまり諦めない限り、失敗は存在しないのであり、諦めて、そこでやめてしまうときに初めて、その事が失敗になるのだということです。

幼い子供が立って歩こうとするとき、また自転車に初めて乗るとき、何度失敗しても諦めずに立ち上がろうとします。そして、失敗(?)を繰り返しながら、やがては上手に歩き、また自転車に乗れるようになっていきます。何度もチャレンジを続け、失敗(?)するたびに新しいことを学び、成長し、やがて成功を手にすることができるのです。

ところが、現実は、誰もが失敗を経験します。中には失敗の連続という人もいます。また失敗をしたという意識、つまり失敗感が、私たちを絶望の中に閉じ込めてしまうこともあります。また強い後悔の念を呼び寄せ、自分を責めるようになることもあります。そして、自分を責める度合いが強ければ強いほど、それがトラウマとなって私たちを束縛し、自信を失わせ、やがては失敗を恐れて何もしないことを選ぶ生き方をするようになる場合もあります。

こういう現実を思うときに、実際問題、何をどんな風に失敗したかよりも、私たちがどう自分を責めたかの方が心の痛みは大きくなるということに気づきます。失敗というのは、私たち自身がそう感じたときに生まれるものです。ですから、多くの偉大な事を成した人たちが、本当は失敗というものはないのだ、と断言する理由は、それを決めるのが自分自身だからです。

あなたが諦めたとき、その出来事は失敗となります。言い方を変えれば、周りの人が「それは失敗だろう」と思っていても、自分が諦めなければ失敗にはならないのです。逆に、エジソンのように、それを成功の踏み台にすることもできるのです。

事実、失敗という経験は、あなたへのメッセージであり、そこには多くの学びがあります。ですから、もし何かに失敗したと感じたなら、そこから何かを学ぼうとする姿勢が大切です。その失敗があなたに何を与えてくれたかを謙虚に受け取るのです。そこで何を受け取るかはあなた次第です。何が答えであるかも、あなた自身に決める権利があります。

昔の信仰者たちは、そういう体験を神の視点で見つめ、神との関わりの中で教訓を得ました。そして、それは彼らをして「苦しみに遭ったことは私に良い事でした。・・・・・」と言わしめるほどの特別な経験となったのです。

今日の一言: 本当は失敗というものはない

平安
鶴田健次

ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。
2012.09.07 22:41 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.