LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

Picture 433

8月22日からグランドキャニオンノースリムへ3泊4日の家族旅行に行って参りました。グランドキャニオンは、アリゾナ州北部に位置する国立公園のひとつです。コロラド高原が、コロラド川の浸食作用によって削りだされた渓谷であり、底部標高 2600FT(800m)、長軸全長277マイル(446km)の世界遺産に登録される雄大な国立公園です。ノースリムは、その北部に位置し、標高2500m。ラスベガスからI-15を北に出発。道に少し迷ったけれど、出発から6時間後に無事到着しました!

Picture 576

公園内に入ってから、さっきまで晴れていた天気が崩れ気味。あ~どうにか テントを建てるまで天気よもってくれ~!という期待に反して、大雨どしゃぶりのお天気。子供たちをテントの中に避難させ、私はテントを建て終えましたが、建て終えた時には、すでにどこかのプールに転落したかのようなびしょ濡れ状態に。。。

とりあえず、車の中に避難し、雨が弱まるのを待ちましたが、濡れたスーツケース、泥だらけの荷物を見て私の目は涙ぐみました。この雨の中、身動きも取れない、帰るべきかとさえ思ってしまったほどです。早起きし、長時間ドライブ、その後、このびしょ濡れに泥だらけ騒動。疲れたので、テントになんとか移動し、マットレスに空気を入れ、寝袋を広げ仮眠をとりました。

Picture 355
(雨が降った後のキャンプサイト)

1時間後、テントの中のジャズミンとジョナの笑い声に起こされました。外は雨が上がったようです。今夜の夕食は、市販のブルーベリーマフィンと鱈と野菜のフォイル焼きを作りました。なんだかアメリカなんだか日本なんだかわからない食卓内容だったけれど、また再びいつ天気が崩れるかわかない状況の中、雨が降ってくる前に、料理し、片付けをしなければならなかったので、やむを得ませんでした。案の定、食事が出来た時、雨が振りだしました。急いで片付けて、テントの中で食事。子供たちは、そんな中でも楽しそうで、私だけ、気分は降下中・・せっかく家族できた旅行、こんな気持ちではいけないと思い、私は祈りました。すると、神様は、おどろくべき祈りの答えをくださいました。

"主が与え、主がとられたのだ。主のみなはほむべきかな。"(ヨブ1:21)

私たちが主の道を歩むとき、快晴の日だけではない。大雨のとき、嵐のときのように、人生には試練がつきもの。そんな時にこそ、主に信頼しなさいという思いが与えられました。

外は雨なので、雨漏りに心は奪われても、子供たちと賛美し、聖書について話しました。長女みかは、懐中電灯を二つ使い天地創造の7日間、アダムとイブの木の実事件、ケインの反逆を面白おかしく語ってくれました。懐中電灯芝居(?)を観覧後、歯をテントの中で磨き、一日目は神の守りの中、無事に終了しました。

2日目、朝起きると昨日の雨はどこへやら、カラッと晴れていました。太陽の光が燦々とテントを照らし、暑さで目が覚めました。さて、今日は何をしよう!昨日は大雨でどこにも行けなかったからまずVisitor Centerに行こうかなと、考えながら朝御飯のシリアルとパッションティーをほおばります。まずは登録だ!と思い、登録所に行き、Check Inを済ませました。

Picture 362
(Register Center)

そのとき、急に天候が変わり、周り一面 霧に覆われました。ラスベガスでは、霧に覆われると言うことがまずないので、運転にはすごく気をつけながら、Visitor Center 、Canyon Lodgeに向かいました。駐車場に車を止めて、最初のGood View 地点につきますが、辺り一面霧で何も見えません。

Picture 374

そのまま、遊歩道に沿って歩いていたら、Bright Angle Pt Trailに続く道があり、子供たちを両手にしっかり握り、歩き出します。途中、霧が晴れ 次第に 雄大な景色が私たちの周りを覆っていることに気づきました。

Picture 404

Picture 412


Trailの道は狭く、柵もしっかりと止められていません。子供たちと行くグランドキャニオンはどきどきして、私の度胸が強められた気がします。それでも、子供たちと一緒に行き着いた先の景色は、圧巻でした。Trailを引き返し、Grand Canyn Lodgeに到着。入り口に入ってすぐレストランがあり、奥には 大画面のパノラマグランドキャニオンが広がっています。

Picture 429


(つづく。。。)


(LVJCCブログ制作チーム:Sao)

ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。
2012.08.28 00:00 | 証し
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.