LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

写真+2

私は、マウントハーモンユースキャンプに、今年初めて参加することが出来ました。実は、私は、このキャンプに向けて、今年の初めから、数ヶ月にも渡って、申し込みやたくさんの準備をしてきたのにもかかわらず、心の中は、不安でいっぱいでした。1週間と言う長い時を、家族とはなれ、知らない仲間と過ごすことは、少しばかり、恐れを覚える思いでした。
このキャンプに行く前の私は、神様を知ってはいましたが、神のご臨在を心からは信じておらず、神様から遠く離れたところで信仰生活をしていました。神様が、私の味方であると言うことを真剣に信じていませんでした。

そんな不安を抱きながら挑んだマウントハーモンは、予想していたより、はるかに素晴らしい経験でした。初日はやはり、緊張と仲間作りの不安がありましたが、6人のキャビンメイトとは、日が経つにつれて、緊張もほぐれ、心を開いて語り合える友となりました。また、キャビンリーダーとの1対1の話し合いは、自分の思いをありのまま打ち明ける機会として,神様が用いてくださりました。それに対し、キャビンリーダーは、愛を持って、聖書に基づく神の御心を明らかにしてくださいました。それは、私が、絶対に聞きたくない、裁きのことでした。このことで、私は、傷つき、真実を語ってくれた彼女を、初めは、受け入れることが非常に難しいと思いました。キャビンで過ごす日々は、6人の仲間と多くを語り合うことが出来ました。仲間の自分に対する意見なども聞くことが出来て、1対1のときにリーダーが語ってくれたことは、実は、彼女が私のことを思って、私のために妥協することなく神の真理を語ってくれたのだということがわかりました。このことで、心から罪の認識が出来、悔い改めへと導かれました。神様は、私を、もう一度、神様に委ねる決心へと導いてくださいました。また、このキャンプでは、朝夕の集会で語られるメッセージと賛美にも満たされ、さらに、神に近づく素晴らしい方法として、静思のときを持つ重要性を学ぶことも出来ました。

キャンプから戻ってからは、神様が共にいてくださることを今まで以上に感じることが出来るようになり、神様の近くにいるような気がします。自分が、求めるもの、欲しいものも変わりました。神様の価値観を知り、友達を失うという経験もしました。今まで一緒にいた友達との価値観が変わり、今まで楽しんできたことが楽しくなくなり、自然と友達は自分から離れていきました。それでも、私の心は平安です。なぜなら、私の信頼するお方は、友達ではなく、神様だとわかったからです。この世の物事に信頼を置くのではなく、神様に信頼を置くことを学ぶことが出来、神様が用意してくださった道を知ることは、私にとって、何にも増して、最善であることを知りました。

このマウントハーモンは、私にとって忘れられない経験となりました。このために祈りと経済的サポートをしてくださった皆さんに心から感謝します。これからも、神様のそばを離れることなく、永遠に御言葉を心にたくわえることが出来るように、祈りに覚えてもらえるとうれしいです。

Lilyan interview
このキャンプのために献身的なサポートをしてくださったトムさんにインタビューされている模様

(LVJCC ユース/リリアン モーランド)
ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。
2012.08.15 05:03 | ユースミニストリー
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.