LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

h.jpg
去る礼拝メッセージは「絶対希望の幸福」ピリピ人への手紙3章10節―12節でした。
メッセージの中の「復活信仰に生きる者の生き方」という箇所で例話として登場されたリー・ソンボン牧師を今日のブログでご紹介させて頂きます。

「韓国のムーディ」と呼ばれる‘リー・ソンボン’牧師先生は、1950年6月25日の韓国戦争の時、木浦(モクポ)で避難生活をしました。食べ物がないので、やっとお粥をお匙3杯で辛抱しながらも、共産党の治下で熱心に福音を伝えましたが、遂に捕えられて共産党の内務署(察署)に拘引されて審問を受けました。北朝鮮のパルチザン(遊撃隊)によって恐ろしい拷問を受けながら、‘リー・ソンボン’牧師先生は取調べを受けました。

その時、共産軍の指揮官が拷問の現場に入って来て居丈高に取調べを始めました。「おめぇはイエスを信じる者だそうだが、天国を見たか?天国がどこにあるんだ…?」リー牧師先生は、答えました。「天国は、『そら、ここにある。』とか、『あそこにある。』とか言えるようなものではありません。天国は、私の心の中にあります。」するとその指揮官は息も継がさずに追求してきました。「天国が、おめぇの心の中にあることをどうして分かる?証明して見い。見せてくれ。どれ、おめぇの心の中に本当に天国があるのか…?」‘リー・ソンボン’牧師先生は、静かに答えました。「私は既に、天国に入って来ているので、あなたたちが憎くありません。また、私は天国に入って来ているので死ぬとしても怖くなく、心配もありません。これが、天国が私の中に入って来ていると言う証拠です。罪もない私を捕えて取調べをし、拷問するあなたたちを憎みもせず、あなたたちが殺してやると脅迫しているのにも怖くなく、私の心は平安です。これがまさに、天国が私の中に入って来ている証拠なのです。」
すると、その指揮官はいかにも感心したという表情で、「イエスを信じるという奴たちは口が達者であると聞いたが、まさにその通りだ…。」と呟きながら、意外にも牧師先生を釈放してくれました。それで、‘リー・ソンボン’牧師先生は殉教することなく世の中に出られて、韓国戦争終戦後にも熱心に全国を駆け回りながら福音を伝えました。


リー先生が拷問にあっている最中に、拷問している相手に向かい「あなたたちが憎くありません」と言われた信仰は絶対希望に生きる者の「生きた信仰」です。それが、先生がおっしゃられた「天国は私の心の中にあります」と言われた事の証拠でした。

信仰の証しとは・・自分の生活の中に生かされて、初めて証しとならん事を学ばせて頂きました。神様を礼拝し、賛美し、聖書を学び、祈りをお捧げしたとしても、「生きた信仰」がなければ、主の証しを立てているとは言いがたい事を思います。

リー先生も私達も主から同じ恵みを頂いております。それは「天国」です。しかし、「天国は私の心の中にあります」と言うことができているか、もう一度主の御前に静まり、心を探って頂きたいと願います。

(LVJCCブログ制作チーム: 薫)

ランキングに参加しています。クリックで応援してください。
2012.05.30 21:38 | 信仰者シリーズ
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.