LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

x-P5130821.jpg

5月13日は母の日礼拝が持たれました。
この日の説教は「父と母を敬え」と題して、エペソ書6:1-4の御言葉から鶴田先生が取り継いでくださいました。説教の冒頭で母の日の由来を教えて頂きました。

母の日は、約100年ほど前に、キリスト教会から生み出された記念日です。ウェストバージニアにあるアンドリュー・メソジスト教会で、アン・ジャービスという婦人が20数年間、教会学校の教師をしておられ、常々「父と母を敬え」という十戒の中にある教えを子供たちに教えていたそうです。

その彼女が1905年に天に召され、その2年後に、娘のアンナ・ジャービスさんが、母親の記念会で、母を敬う気持ちで白いカーネーションを参列者に送られたそうですが、それ以来、教会学校で生徒やお母さんたちを招待し、母の日を記念するようになったとのことです。

その後、その話に感動したジョン・ワナメーカーというデパートの経営者が、自分のデパートで母の日のイベントを行い、これが全米に浸透していくことになります。そして1914年の連邦議会で、5月の第二日曜日を母の日と定めたということです。

ちなみに日本には、宣教師から伝えられ、森永製菓が1937年、豊島園で母の日のイベントをしたのが全国的に広まるきっかけになったようです。ともかく母の日は教会から始まり、しかも「十戒」の第五番目の戒めである「あなたの父と母を敬え」という教えがそのもとになっています。

「十戒」には、私たちが神の恵みにあずかり、人が人として人間らしく生きてゆくにはどうしたらいいか、人が神を愛し、人を愛して生きてゆくための方法が10の戒めにまとめられています。

昔ユダヤにおいて、家庭というのは神の言葉を教える所で、「父と母」は子供たちにとっては、神から与えられた教師でした。ユダヤ人は「人は、父と母を敬うことを通して神を敬うことを学ぶ」という考えを持っていたからです。ですから、父と母を敬うということは、現代の私たちが考えている以上に大切なことだったのです。

現代は、「人は、父と母を敬うことを通して神を敬うことを学ぶ」という側面が軽んじられていますが、旧約聖書の時代には、両親は、家庭において、神と人との間を司る役割をする人でした。「父と母を敬う」ことは、父、母を通して私たちに語りかけ、私たちを導こうとしておられる神を敬うことになるのです。

「父と母を敬う」ことによって人は愛を知り、幸福に導かれていきました。また、人が生まれて初めて出会うのが、父、母であるように、人は、父、母を愛することを通して、他の人への愛を学んだのです。

この戒めは、時代が変わっても、決して変わるものではありません。第五の戒めは新約聖書にも引用されています。聖書は、両親に服従するというばかりでなく、年老いた両親を世話することも命じています。

エペソ6:1を見ると、「子どもたちよ。主にあって両親に従いなさい。これは正しいことだからです。」とあります。

また第一テモテ5:8では、「もしも親族、ことに自分の家族を顧みない人がいるなら、その人は信仰を捨てているのであって、不信者よりも悪いのです。」と言われています。両親が年をとって力が衰えたからといって、軽蔑したり、子供が両親を支配しようとしたりしてはいけないのです。

母の日というと、単に自分の母親を敬い、感謝を表す日として受け止める事が多かったかも知れませんが、説教の中で「父と母というのは、自分の両親だけにとどまらず、広い意味では、周りにいる年長者や上司、能力や立場において高いポジションにある人たちをも含む」ということを教えて頂きました。

そういう意味では、教会の中にはお互いに敬うべき方々が多くおられることが分かります。私達は神と人との関係、人と人との関係の中で生かされていることを改めて考えさせられました。

礼拝後は、教会に集っている全ての姉妹達に、先生よりバラのお花、そしてサンデースクールの子供達からは可愛いペーパーカーネーションのプレゼントがありました。

姉妹達は皆様、笑顔で、母の日にちなんだ神様からの祝福を頂きました。
ありがとうございます。


(LVJCCブログ制作チーム:薫)

ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。
2012.05.15 20:31 | 特別礼拝 / 集会
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.