LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

x-forgiveness.jpg

今日は、‘平和な人間関係’について考えてみました。

平和な人間関係を築き、維持するための重要な要素のひとつは赦し合いということです。あなたもこの問題で苦しんだ経験をお持ちですか? 

誰にとっても、人を赦せないのには、それなりの理由があるものです。しかし、どんな理由であれ、人を赦せないとき、その人は赦せない人に心を束縛され、自分を苦しめてしまいます。たとえ自分が100%正しく、相手が100%悪くても(普通、そんな事はありませんが)、たとえ仮にそうだとしても、その赦せない思いは、あなたの心を束縛し、傷つけ、あなたを不幸にしてしまいます。そして、その赦せない思いは’平和な人間関係’を壊してしまうのです。

この事について聖書は、「互いに忍び合い、だれか他の人に不満を抱くことがあっても、互いに赦し合いなさい」と勧めています。そして続けて、「主があなたがたを赦して下さったように、あなたがたもそうしなさい」と言っています。

つまり、私たちが人を赦さなければならないのは、それが神の命令であり、神がまず先に私たちを赦して下さったからなのです。ですから、神に赦された経験は、人を赦すうえで大きな動機付けと力になります。

以前、南アフリカ共和国は白人と黒人を差別する人種隔離政策を取ったことがあります。この人種隔離政策をアパルトヘイトと言いますが、この政策のために、南アフリカ共和国は32年間オリンピックからも追放されてしまいました。

このアパルトヘイト撤廃へと南アフリカを導いて、後に大統領になったネルソン・マンデラは、新しい国を作るためには何よりも黒人と白人の和解が必要だと考えました。そこで彼は、「真理と和解の委員会」を発足させ、神の愛により真実を明らかにし、互に謝罪し合い、赦し合うという道を歩む政策を執りました。

アパルトヘイトの時代に、多くの罪もない人々が虐殺されましたが、「自分の犯した罪を認め、心から謝罪するなら、たとえその人が100人の人を殺した人であっても、その人を赦します」とマンデラは言いました。このような、普通の政策では考えられない「罪」と「赦し」の問題に、南アフリカの加害者と被害者の両方が向き合い、話し合い、理解しようとしていきました。その中にこんな話があります。

バンデ・ブロイクという警官が他の警官たちと共に起こした事です。彼らは18歳の少年を銃で殺し、その遺体を燃やしました。8年後バンデ・ブロイクは同じ家に行って、今度は少年の父親をつかまえてガソリンを体にかけ、火をつけ、それを奥さんに強制的に見せたそうです。

やがてアパルトヘイト撤廃後、バンデ・ブロイクは捕えられ、「真理と和解の委員会」の審議の場に立たされました。そこで、長男と夫を殺されたその奥さんに発言の機会が与えられ、「バンデ・ブロイク被告にどうしてもらいたいですか」と尋ねられた奥さんがこう答えたそうです。「夫の体を焼いた場所へ行って、灰を集めてほしい。そうすれば夫をきちんと埋葬してやれるから・・・・」 バンデ・ブロイクは頭を垂れたまま、うなずきました。

奥さんはさらに続けました。「私はバンデ・ブロイクさんに家族全員を奪われてしまいました。でも私にはまだ神様の愛がたくさん残っています。私は彼に月に2回ゲットーに来て(ゲットーというのは黒人達の居住地)、私と一日を過ごしてもらいたい。そうすれば私はブロイクさんの母親のようになれますから。そしてブロイクさんが神に赦されていること、そして私も彼を赦していることを知ってほしいのです。ブロイクさんを抱き締めていいでしょうか。そうすれば私の赦しが本物だということがわかるでしょうから」と、そうおっしゃったそうです。

これこそまさに生ける神を信じる者の姿です。そして彼女が法廷の証人台に向かって歩き始めると、誰かが「アメイジング・グレイス」を歌い始め、このとき被告は感極まって気絶してしまったそうです。

今日の一言: 赦しは高貴な生き方の象徴

平安
鶴田健次


クリックで応援してください。
2012.04.30 18:56 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.