LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

             x-IMG_0067s.jpg
去る2012年4月15日、風が強く肌寒い日々が続いた先週とは打って変り、カラッと晴天で暖かい日曜日の午後、小田恵娜(ケイナ)さんのソプラノ・コンサートが催されました。

ケイナさんは、我が教会に集っておられる林郁子さんのお嬢様で、お兄様とその息子さんが郁子さんと共にラスベガス教会に集っておられます。

当日は、日本から来て下さったピアニストの花岡渚さんのピアノ伴奏に合わせ、以下の曲目でコンサートが持たれました。

   ● 主の祈り
   ● Agnus Dei(ビゼー作曲)
   ● Ave Maria(シューベルト作曲)
     * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
   ● 荒城の月
   ● 浜辺の歌
   ● 宵待草
   ● 阿里山の娘(台湾民謡)
     * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
   (一緒に)
   ● 赤とんぼ(1・2・3・4番)
   ● 故郷(1・2・3番)
     * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
   ● ブッチーニ作曲
   ● オペラ「シャンニ・スキッキ」より「私のお父さん」
   ● オペラ「蝶々夫人」より「ある晴れた日に」
     * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
   ● Amazing Grace(動画視聴
     * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
   ● 坂の上の雲(アンコール曲 動画視聴

渚さんのピアノ伴奏と息の合ったケイナさんの歌声は、聞く人々の心にいつまでも残る素晴らしいものでした。特に浜辺の歌、アベマリアは、いつまでも聞いていたいと思うほど心地がよく、Amazing Graceは、主にこの歌を捧げるケイナさんの心が伝わってくる大変感動的な賛美でした。私自身も賛美をリードする奉仕に携わらせていただいている者として、賛美の心を改めて確認することができました。

            x-IMG_9956s.jpg
コンサートの合間で、あまりトークをすることはないと仰っていたケイナさんでしたが、大震災を迎えた日本のことや、被災地を回られたときに神様の役に立ちたいという思いが与えられた経験などをとても分かりやすく語って下さり、聞く者すべてに大きな感動を与えて下さいました。

また ピアノ伴奏をして下さった花岡渚さんは、今回初めてアメリカに来られたということで、べラージオ・ホテルの噴水ショーから、雪をかぶったマウント・チャールストンに至るまで、見るものすべてが感動と緊張の連続だったという、私たち現地の者には新鮮なラスベガスの魅力を語って下さいました。

x-IMG_2657cs.jpg

コンサートの途中、聴衆全員で心を合わせ、日本の懐かしい歌を二曲歌いました。渚さんの素晴らしいピアノ伴奏とケイナさんの指揮による合唱は、大変贅沢な、心温まる、いつまでも忘れられない思い出となりました。

最後に、アンコールの応答として、「坂の上の雲」の主題歌である『Stand Alone』を披露してくださいました。神の御前にStand Alone(ひとりで立つ)とも理解できるこの歌は、人生の紆余曲折の中で、日々悩み、葛藤を覚える私たちが、道であり、真理であり、命である主に目を向けるなら、その困難の只中で、しっかりと立つことができるという聖書の教えと重なるものがありました。

こうして、遠い日本からお迎えしたケイナさんと渚さんが届けて下さった素敵な交わり、そして素晴らしいコンサートを心から感謝します。また、背後にあって、すべてのものを相働かせて益として下さった主に感謝致します。

コンサートが終わって、残っていた方々と一緒に記念写真を撮りました。
x-P4150623.jpg

これからのお二人のお働きの上に更なる神様の祝福がありますように、教会員一同、ラスベガスの地よりお祈りしています。

「主に従う人よ、主によって喜び歌え。主を賛美することは正しい人にふさわしい。」詩篇33:1

(ブログ制作チーム: Sao)


ブログランキングに参加しています。
クリックで応援して下さい。
2012.04.17 20:19 | 教会イベント
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.