FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

chain-breaking.jpg


今日は、‘心の束縛’ということを考えてみました。

私たちは、自分自身のことを考えたり、また周りにいる人々に目を向けると、しばしば何かに束縛されている人間の姿を見ます。本当は何でも自分の自由にできる筈なのに、したい事をできない自分がいます。また、してはならない事と知りながら、それをしてしまう自分がいます。自分の自由に生きているつもりが、もう少し深いレベルで考えてみると、自由どころか、極めて不自由な生き方しかできていないことに気づくのです。これがまさに、原罪という罪の束縛の中にある不自由な人間の姿です。

また、それとは別に、豊かな人生を願っているのに、まるでブレーキをかけながら自転車をこいでいるような、そんな生き方をしている自分に気づくことはありませんか。一生懸命に自転車をこいでいるのに、こいでいる自分が同時にブレーキを踏んでいて、そのために思ったように前に進まない。ブレーキを放せばもっとスムースに進めるのに、或いは、もっと色んな事をする力と能力が本当はあるのに、なぜか自分で自分を制限しながら生きている。そんな自分に気づきませんか。

サーカスの象の話を聞かれたことがあると思います。サーカスで使われる象は、その象がまだ小さい時に、鉄の鎖につないで暴れないように訓練します。初め、幼い象は自由を得ようとして、一生懸命、鎖を千切って逃れようとします。ところが、小さな象にとって、鉄の鎖は重くてビクともしません。しかし、それでも像は繰り返し鎖を千切って逃れようとします。ところが、ある期間が過ぎると、この象の潜在意識は、鎖から逃れる事が不可能である事を確認し、その鎖から逃れる事を完全に諦めてしまいます。やがて歳月が経ち、この象が成長して大人の象になると、その鉄の鎖を千切れるほどの力を持ちますが、この力持ちの象は、小さな杭に鉄の鎖で縛られると、そこを離れようとしなくなります。なぜなら、この鎖は絶対に切れないというイメージが象の潜在意識の中に出来上がっているからです。 

しかし、この象と同じような心の束縛が、実は私たちの中にも様々な形で存在します。そして、ある状況に出くわすと、いつも同じ反応をするのです。この行動パターンは心の束縛が原因です。そして、この心の束縛は、私たちが豊かな人生を送るうえで大きな妨げになるのです。

たとえば、子供の頃に、
親に批判されながら育った人は、人を責めやすくなります。
憎しみの中で育った人は、人と争いやすくなります。
恐怖の中で育った人は、オドオドした小心者になります。
馬鹿にされて育つと、自分を表現できなくなります。
嫉妬の中で育つと、人をねたみやすくなります。

ですから、怒りっぽい、批判ばかりする、心配のし過ぎ、根気がない、人が苦手、怠け癖がある、というような行動パターンは、すべて心の束縛が原因で、そのために、サーカスの象のように、その人の本来の可能性までも束縛し、望んでいるものとは違う人生をその人にもたらしているのです。

あなたは如何ですか。そんな心の束縛のために、自分にブレーキをかけていませんか。もうじきイースターがやってきます。イースターは、キリストが墓を打ち破って死から復活されたことを記念する日です。これこそ究極の束縛からの解放です。そして、この復活信仰にこそ、あらゆる心の束縛からの解放の道があるのです。

今日の一言: 心の束縛から解放されよう
平安
鶴田健次

ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。
2012.04.02 13:51 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.