LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

gifts-of-the-spirit4.jpg

聖霊の賜物(1)

クリスチャンであれば、「聖霊の賜物」という言葉をご存知だと思います。私たちは聖書を通して「聖霊の賜物」について知る事ができますが、当ブログにおいて今日から数回に渡り、この「聖霊の賜物」についてご一緒に学ばせて頂きたいと思います。

1.聖霊の賜物とは何か
「聖霊の賜物とはキリストの体の枠組みの中にあって、神の恵みにしたがって用いるよう、すべての器官に聖霊によって与えられた特別な資質のことである」
(ピーターワーグナー)

つまり神様は、イエス・キリストの十字架による人類の救いの計画を、先に救われたクリスチャンたちの働きを通してなしておられるわけであるが、神様はすべてのクリスチャンに、その人を通してなそうとしておられる働きをその人が全うできるように、そのための特別な能力を与えておられる。その特別な能力を「聖霊の賜物」という。

「キリストの体の枠組みの中にあって」
*体から離れたクリスチャンは役に立たない。
*聖霊の賜物は一匹狼のためにデザインされてはいない。
*体の各器官となっている者たちのためにデザインされている。(Ⅰコリント12:7)

「神の恵みにしたがって」
*聖霊の賜物=「カリスマ」(ギリシャ語)=恵み
*聖霊の賜物と神の恵みとの間には非常に密接な関係がある。
*キリストから賜る賜物のはかりに従って…恵みが与えられている。(エペソ4:7)
*わたしたちは与えられた恵みによって…異なった賜物を持っている(ローマ12:6)

「すべての器官」
*すべてのクリスチャンが少なくとも一つないしいくつかの賜物(賜物ミックス)を持っている。
*クリスチャンはみなそれぞれがキリストの体のユニークな器官なのであり、各自がどのような存在であるかは、各自に与えられている賜物のミックスによって決定されるものである。

「聖霊によって与えられた」
*賜物は自分の好みで選べるものでなく、聖霊の思いのままに、聖霊によって与えられるもの。(Ⅰコリント12:11)

「特別の資質」
*よくクリスチャンたちは「召命」という言葉を用いる。つまり「神様がこうするように私を召してくださった」といった表現をする。そこで、各自の「召命」と聖霊の賜物とは非常に密接な関係にあることを知っておくことが必要である。

神の御旨を行うとか、キリストの体の機能を果たすとかいう場合、その人にとっての「召命」とはその人に与えられた聖霊の賜物と同じことになる。神は賜物を受ける人がそれを用いなくてもよいような命は与えられないし、必要な賜物を備えることなしに何かをするように召されることもない。つまり、神はその人の特別な召しのために、特別な資質として、聖霊の賜物を与えておられるのである。
  
参照:「聖霊の賜物の学び」鶴田健次牧師

(LVJCCブログ制作チーム:薫)

ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。
2012.03.15 20:14 | 聖霊の賜物
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.