LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

z-P2120332.jpg
2月11日(日)、カレーの交わり会が開かれました。これは、婦人会有志の方たちが、カレー、ご飯、サラダ、デザートなどを持ち寄り、2月18日にお誕生日を控えておられる鶴田牧師の誕生日をお祝いするものでした。

いつも献身的に主に仕え、日頃から信徒のことを考え、愛をもって接して下さる鶴田先生への感謝を込めて、私達信徒からの企画でした。また、ささやかながら私達から先生へ心を込めて誕生日ギフトとカードをお贈り致しました。

そして、今週はバレンタインということで、サンデースクールの子供たちから愛のこもったチョコレートが配られ、さらにハッピーな日となりました。

z-P2120339.jpg
各自テーブルに座り食事会が始まり、良き交わりの時が持たれました。食事会の途中、賛美チームから「Happy Birthday」の歌と、先生の好きな「キリストにはかえられません」がプレゼントされました。

そんな和気藹々とした中で、賛美チームとバースデーボーイの鶴田先生が一緒に歌を歌うことになりました。鶴田牧師は以前クワイヤーに所属していた経験もお持ちなので、機会があれば是非私達賛美チームとのコラボレーションを実現したいとかねがね考えていたところでした。

ソプラノ・治美姉妹、アルト・私(Sao)、ベース・鶴田牧師、といった編成で「安けさは川のごとく」を歌いました。歌っている中で、3つのパートに別れハーモニーをなしていく様はとても心地の良いものでした。我らが主に心からの賛美を捧げるとき、主は私たちの心を喜びと平安で満たして下さいます。
z-P2120340.jpg

最後に、鶴田牧師は「まだまだこれから!」というような活力あふれる抱負を語って下さいました。それは、クリスチャンの敬老ホーム建設のヴィジョンでした。それが一日も早く実現するように皆さんで祈り続けましょう。

私達クリスチャンは、イエス様と自分自身との間に誰も必要としませんが、私たち信徒が必要であるならば、いつでも話を聴いて下さり、どこにでも飛んで来て下さる、いわば羊飼いのような存在の鶴田牧師を、私達の教会の牧師として下さったことを心から主に感謝したいと思います。

「わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。」
ヨハネ15:12


(ブログ制作チーム: Sao)

z-P2120346.jpg


2つのアイコンをそれぞれクリックしてネ
2012.02.14 23:56 | 教会イベント
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.