LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

s-P1290016.jpg

2012年1月29日は日英合同礼拝が持たれました。 メッセンジャーは英語部のノーマン長老、通訳は優子姉妹が担当してくださいました。以下がメッセージの要約です。

私たちが今日、礼拝し賛美を捧げるイエス様は、へブル人への手紙3章18節「イエスキリストは、きのうも、きょうも、いつまでも、同じです」とあるように、2000年前も今も同じお方です。

イエス様は愛と憐れみに富む神様ですが、この「宮清め」においては、普段と全く違ったイエス様の姿が見られます。

使徒ヨハネは、この宮清めの出来事をイエス様の公的宣教の最初に置いていますが、このときイエス様は、エルサレム神殿に入るなり、細縄でむちを作り、羊や牛を宮から追い出し、両替人の金を撒き散らし、台を片っ端から倒されたのです。なぜ、イエス様はこのような過激な行動を取られたのでしょうか。

このイエス様の宮清めは、当時の腐敗した神殿礼拝を改革するどころか、形式主義に堕し、実質的意味が失われた犠牲制度全体を否定し廃棄しようとされた出来事だったのです。

1.宮清めによって、イエス様は神の権威を明らかにされました。

イエス様は、「わたしの父の家」という言葉からも分かるように、宮の主として、ご自身こそが礼拝されるべき神であることを明らかにされました。また、その事実を通して、ご自分が堕落した宮を清める権威と権利を持っておられることを示されたのです。イエス様は、その権威に基づく宮清めによって、形骸化した古い礼拝制度を廃止し、人々に真の祝福をもたらす新しい礼拝制度を確立しようとされたのです。

2.宮清めにおいて、イエス様は聖なる怒りを表されました。

イエス様は、当時の腐敗した犠牲制度を廃棄しようとされました。その証拠に、イエス様は両替人や犠牲の動物を売る者たちが法外な手数料を取って、純朴な巡礼者たちを搾取していた不正を責めるよりも、むしろ宮の境内で行われるすべての商売に反対されました。「それをここから持って行け。わたしの父の家を商売の家としてはならない」と言われたイエス様は、そのような宗教的堕落のゆえに、救いの実質的効力のない犠牲制度全体に怒りを表わし、そのために用いられるすべてを宮から追い出されたのです。

3.宮清めによって、イエス様はこれからご自身に起こる神の計画を明らかにされました。

ヨハネ2:19「この神殿を壊してみなさい。わたしは、三日でそれを立てよう」は、身代わりとなった十字架の死と、三日後に起こる勝利の復活を預言するものでした。キリストの十字架の死と復活は、イエス・キリストが神と人類をつなぐ仲介者となられた重要な出来事でありました。

イエス・キリストを信じる者は御霊が宿っている神の宮であり、キリストは信じる者を通して、神を知らない人々の魂に語り掛けられるのです。そのキリストを礼拝する教会、すなわち生きた石で立てられた霊的宮である教会を通して、全人類が神に出会うことができるのです。

故に、イエス様は、あなたが神に立ち返るための扉でありたいと願っておられます。イエス様以外に神のもとに通じる扉はありません。神は、あなたがイエス・キリストを信じ、神との関係の回復の扉をくぐることを切なる思いをもって待っておられるのです。

もしあなたが、イエス・キリストを通して表された憐れみ深い父なる神の愛を知りたいと願われるなら、イエス・キリストを受け入れなければなりません。

あなたは、あなたの心、精神、体が、イエス・キリストが住まわれる宮となることを願いますか? そして、イエス・キリストが住まわれる宮として、主にあって神とこの世に仕える者になることを願いますか?もしあなたが、心からそれを願い、イエス・キリストに委ねるならば、主はあなたの心と思いを清め、あなたのすべてを満たし、人々に恵みをもたらす人生を約束しておられます。

(ブログ制作チーム: Sao)


クリックをよろしくお願いします
2012.01.31 20:18 | 礼拝
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.