LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

s-action.jpg

今日は、‘行動を起こす’ということについて考えてみました。

新年を迎え早半月になりますが、皆さん、新年の志をちゃんと持ち続けていらっしゃいますか? 少し油断すると、すぐに今までどおりの生活に逆戻りし、新しい志も忘れ去られてしまいます。志を貫き、それを実現させることは決して簡単ではありませんね。しかし、その志をいつまでも持ち続けることができれば、やがてその志は必ず実現します。ですから、その原則を心に留め、これからもその志を持ち続けてください。

アメリカで最も権威ある大学の一つで行われた調査によれば、新しい情報を伝えられた人々は、二週間後には、その情報の約2パーセント程度しか覚えていなかったという結果が出ました。ところが、六日間同じ情報を見聞きしていれば、二週間後もその62パーセントを覚えていたそうです。また、それだけではなく、そこではもっと重要な点が指摘されました。それは、同じ情報にさらされればさらされるほど、それについて何らかの行動を起こす確率が高くなるというものです。

ラスベガス教会のある方が、新年に与えられた志の聖書の言葉を紙に書いて、いつでも目に留まるところに掲げていると言っておられました。それは本当に意義深い心がけだと思います。なぜなら、まず、この賢明な行動を取るほどの強い願望が志の実現を後押しする力になるからです。また、その言葉を絶えず目にすることで、志の実現に必要な行動を取り続けるよう中枢神経が働くようになるからです。

人間の脳細胞の中の98%は言葉の影響を受けていると言われます。言い換えれば、言葉がほとんどの神経を支配しているのです。つまり、見ること、聞くこと、感じること、そのような全ての神経が、言語中枢神経に大きく影響され、その言葉通りの行動へとその人を駆り立てるのです。

ですから、どんな言葉を口にし、目にするかによって、その人のあらゆる神経系に影響をもたらし、その人の考え、行動を支配し、人生を支配するのだということです。

私はできないという言葉を口にし、目にすれば、中枢神経ができないという指示を送るわけですから、その指示に従って、私はできないという道を歩むことになります。それに対して、私はできるという言葉を口にし、目にするようにすれば、中枢神経ができるという指示を送るわけですから、その指示に従って、私はできるという道を歩むのです。結局、私たちの人生は、自分の口から出てくる言葉によって決まるとさえ言えるほどに言葉の持つ力は大きいのです。

ですから、志に向かって行動を起こすのに役立つ言葉を口にし、目にし、心に留めることによって、行動を起こしていきましょう。

今日の一言: 行動を起こすための言葉を用いよう


平安
鶴田健次



今日もクリックよろしくネ
2012.01.16 19:06 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.