LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

   PB130024.jpg

今回は、LVJCCユースのマイケル モーランド兄のお証です。幼いときから、教会に通い、晴れて洗礼の恵みに与るまでの歩み、そして将来の夢について、書いてもらいました。 とても新鮮なお証を、どうぞお楽しみください。

洗礼を受ける前の僕はどうだったのかなっと聞かれると、答えは、一言で、ワイルド!毎日、遊びに夢中になり、横っ腹が痛くなるまで走ってた。宿題も、帰ってすぐにはやらなかった。勉強も大してしてなかったのに、成績は良かった。でも、すべてが変わった出来事がある。それは、僕のおばあちゃんが教会に始めて僕とおねえちゃんを連れて来てくれた時のことだ。(少なくとも、覚えている限りでは)
教会に通うようになり、教会で聞く福音に心から耳を傾けだしたころに、少しずつ、落ち着きが出てきて、ビデオゲームや遊びに夢中になっている自分から、学校のことにもっとフォーカスするようになった自分に変えられていった。
“教会???” これが、初めて教会に向かうときに思った率直な思い。”教会”なんて、きっとまた、詰まんないとこだよ、と思っていた。僕は、小さいとき、教会ってところは、学校みたいに、退屈で詰まんないところだとばっかり思っていた。誤解のないように、僕は、学校で学ぶのは好きだけど、僕のクラスは、進みが遅いから、いつもつまらない。
初めて教会の門をくぐったときのことを微かにおぼえているのは、外国語で挨拶をされたこと。
”この人たちは、何を言っているのかなぁ?“と頭の中で何度も自分に問いかけていた。その日は、一日、この不思議な言語を聞き続けた。正直言って、とてもぎこちない感じがした。知らない人ばかりで、しかも、何を言っているのかがわからなかった。
それ
なのに、不思議と、そこにいることが幸せだと感じた。そう!ハッピーだった。何を言われているのかさっぱり見当も付かなかったけど、幸せだった。その日は、一日、風のように流れていった。もうひとつだけ、覚えていることといえば、初対面なのにとても親切な人たちに囲まれて、温かみを感じるところにいたということ。その日に、ひとつ、いや、ひとつだけ頭の中で、鳴り響いていたことが、”また,ここに、戻って来たい。“ということ。またここに戻ってきて、新しい人に会い、幸せを感じ続けたい。と思った。
時間が経つにつれて、このすばらしい神様についてもっともっと学ぶようになった。神の御言葉を学ぶだけではなく、周りの人たちは、洗礼の話しもしていた。
2010年3月23日が、洗礼という言葉を耳にした日だと思う。”今日、僕は洗礼を受ける。数週間前までは、洗礼とは、想像の中だけに存在するものだったが、今、自分が洗礼を受けようとしている。夢の中だけだったはずの洗礼が実現する。“
先生の問いに”Yes“と答えた後、水が、頭を滴り、地面に落ちていった。多くの拍手が聞こえ、”おめでとうございます!コングラッチュレーション、マイキー“という声が聞こえた。これが、僕が洗礼を受けた日だ。洗礼を受けたことが、古い自分と新しい自分の、紛れもない大きな違いだ。
古き自分は、消え去った、そして、その体の中に、新しい自分が入っている。二人は、まったく違う人たち。そのひとつをあげれば、新しい自分は、ひげが生えている。体の違いだけじゃなく、品性や霊的な面も見てみると、古い自分は、ワイルドで、やんちゃなところがあったけど、新しい自分は、すこしだけ、おだやかになり、落ち着いた感じがする。古い自分を脱ぎ捨て、新しい自分を着るってところだろう。

“将来、医者か宇宙飛行士に絶対なる!“古い自分はそう考えていた。真剣に医者になりたいと思っていた。でも、今は、なんだかその夢は、つまらなさそうな気がする。今の将来の夢は、ジャーナリストか、小説家になること。読んだり、書いたりすることが大好きだから、それが、情熱となった。ゴールにたどり着く一番の方法は、勉強も何もかもあきらめずにがんばること。でも、それ以上に大切なことは、神様に頼り、神の導きを常に伺うこと。そうすれば、僕たちは、本来進みべき道から決して迷うことはない。


(LVJCCユース:マイキー モーランド、訳:優子)

2012.01.03 23:00 | 洗礼
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.