LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

              goals.jpg
新年最初の‘牧師室より’のメッセージは、‘夢の実現’について考えてみました。

皆さんは、新年をどのようにお過ごしですか。新しい年を迎えると、新鮮な思いが与えられ、それぞれに新しい夢と目標をもって生きようという気持ちになりますね。どうか皆さんが、その気持ちを大事にされ、ぜひ夢の実現を目指していただきたいと思います。

夢を持ち続け、そのための新しい習慣を続ければ、その習慣がもたらす結果(夢の実現)を自分のものにすることができます。今の時代は、色んな意味で難しい時代です。しかし、こういう困難な時代にあっても、夢を持ち続けることのできる人はピンチをチャンスに変え、新しい道を切り開いていくことができます。

夢の実現には色んな要素がありますが、ひとつの大事な要素は明確な目標を持つことです。目標のない人生は成り行き任せの人生で、いつまでも堂々巡りで前進がありません。目標があってこそ目標に向かって前進することができ、前進を続ければ必ず夢を実現できるのです。


中世の時代の、ある修道院での出来事です。多くの志願者が修道士になりたいと言って修道院に入って来ました。ところが、しばらくすると落伍者が続出して、残ったのは僅か数名だけでした。そこで、以前からいる修道士たちが院長に尋ねました。「院長、多くの人たちが修道士になろうとして入って来ましたが、大部分の人たちが途中で出て行きました。これは一体どうしてでしょう?」

すると、彼らを静かに見つめていた院長が言いました。「こんな話があります。猟師が猟をするとき、多くの猟犬を連れて猟をします。その中の一匹がウサギを見つけたら、吠えながらそのウサギを追っていきます。すると、ほかの猟犬たちも一斉に吠えながら、その後を追っていくようになります。しかし途中で、大部分の猟犬たちは主人を振り返りながら、その場に立ち止まります。ところが、最初に飛び出していった猟犬は最後までウサギを追いかけて行って、それを捕まえて帰ってきます・・・。 それは一体なぜでしょう?最初の猟犬には、ウサギという明確な目標があったのです。しかし他の猟犬たちは、最初の猟犬につられて飛び出しただけで、はっきりした目標がなかったのです。多くの人たちが修道院に入って来ますが、確実に一生を修道士として生きるという目標もなく入って来たので、途中で辛いことがあると落伍するのです。しかし、確かな目標を立てて入って来た人は、最後まで努力し、それで立派に耐え抜いて、ついには立派な修道士になれるのです。」

多くの人が色んな夢を持って生きています。しかし、それが漠然とした夢で、はっきりした目標でなければ、人は困難に出くわしたときに夢の追求を諦めてしまいます。それに対し、明確な目標があれば、どんな困難に出会っても、人は目標に向かって前進し続けることができ、やがて夢の実現を果たすことができるのです。

どうか皆さんが、この新年を、夢の実現を目指して生きていかれますように。

今日の一言: 明確な目標をもって生きよう


平安
鶴田健次


2012.01.02 03:04 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.