LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

1

12月24日(水)、クリスマス・イブに特別集会が持たれました。

今回の特別集会の経緯は、12月の初めにカリフォルニアにいる未樹姉から、7人のクリスチャンチームがダラスからロードトリップの途中、ラスベガスに寄るとの連絡が入り、そこからチームのツトム兄と連絡を取り、私達のセントラル・スモールグループで彼らをお迎えして交わり会を持つ運びとなりました。どんな内容の交わり会にしようかと相談している内に、彼らが賛美や寸劇、ゲーム、証をすでにご用意して下さっているのがわかり、これはより多くの人々に主の恵みをお分かちしたいと思い、教会での特別集会への運びとなりました。

彼らは12月27日から1月1日までカリフォルニアで持たれているec 08(Equipper Conference 2008)というキャンプに集う為に、ダラスからロードトリップをしている7人のクリスチャンチームです。ツトム兄はミジガンで聖書を学ばれており、他の6人の方はダラスでやはり聖書を学ばれています。話が決まってから、彼らもラスベガス日本人教会での集会をとても楽しみにしていて下さり、また私達も祈りと期待を持ってこの日を迎えました。

2
3

18時からの集会は、みち姉のゲームから始まりましたが、このゲームが集う人全員の心をほぐして下さるゲームで、笑いの波が起こり老若男女全員心一つになりました。そして、チームリーダーの、みちや兄の賛美リードにより、「きよしこの夜」からの賛美。ピアノは、まり姉です。

4
5(なお姉)
6(レイ兄)

この集会で生まれて初めての証をして下さったのが、なお姉。またチーム最年少19歳のレイ兄による証。そして、7人での寸劇は、一人息子役のなおや兄と、父役・みちや兄の関係を神の一人子をこの世に渡された父なる神の思いに重ね合わせ、5分間でわかりやすく演じられておりました。

7

7人の一人一人の働きは違いますが、すべての働きが主を褒め称える事に用いられている事を見る事ができました。また、そこに集う全ての人に私たちの為に十字架で死んで、蘇って下さった主イエス・キリストへの思いが増し加わった事と思います。

そして、主を喜ぶ事こそ私たち神を信じる者の力であり、本来の人間の姿である事も思いました。何故なら、その時、私たちの心は自分の力ではなく、神様によって心が満たされる事を誰も否定する事ができないからです。

素晴らしいイブの夜の集会でした。神様がまた私達に、愛という恵みのギフトを7人の若者クリスチャン達と一緒に運んで下さいました。神様、素敵なプレゼントをありがとうございました。
神様が与えて下さった一つ一つの恵みを数え、私達が神様にお返しできる全てを捧げていきたいと思わずにはいられない、クリスマス・イブでした。

(宣教伝道・祈祷委員会: 薫)

8
2008.12.30 14:55 | 特別礼拝 / 集会
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.