FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

s-pic from phone 2906

私は、夫と3人の子供の5人家族です。
子供は、9歳の長女と4歳の女の子と男の子の双子がいます。

私の日常は毎夜、子供が就寝する前には、必ずイエス様の話しをします。我が家は幼い4歳の双子もいるので、話は必ず神様の創造の話から始まります。神様が創った私たちはなぜ神様とお話できなくなってしまったのか? 神様とお話できない私たちはどこに行くのか? 何度も何度も、話します。 下の二人には2歳のときからそんな話を何度もした後、子供たちは“罪”という言葉をおぼえました。罪とは、何か? 具体的に日常で起こったことを指して、母子一緒に罪を話します。お母さんとお父さんの言うことに反抗する時、悪い事と知りながらやってしまう時、そんな具体例を示しながら、罪の理解を日々少しずつ学んでいっています。

今日は9歳になる長女のことをお話させていただきます。長女は、約2年前に洗礼を受けました。洗礼の前には、初心者クラスを設け、創造主の神、罪の話し、天国のこと、救いのことを学びました。そんな彼女は、洗礼をした年の終わりに聖書を頂いて以来、毎日読み続けています。洗礼をする前、鶴田先生と「毎日、大好きな神様に、最低30秒の祈りをする。」とした約束も守っています。そんな娘は、学校でも自分がクリスチャンであり、神様大好きと公言しています。洗礼をした最初の年は、聖書の世界と学校でのギャップに戸惑ったようでしたが、今では神様と共に歩む学校生活!を目指して日々すごしています。

そんなある日、「今日面白いことがあったの!」と息を切らして声を弾ませて言う娘の話に耳を傾けてみると、同じクラスのあるいじわるな男の子の話でした。いじめっ子が「お前の顔にパンチ食らわせてやる!」と言ったらしいんです。そのときに娘は「神様がついてるから、私はあなたに負けない。」と言ったらしいんです。

そのあと、娘といじめっ子はけんかには発展せず、なぜか娘の方が強いと周りの子たちに言われて、その場が収まったとのことでした。戦いには発展しませんでしたが、その話を聞いている私の頭には、ゴリアテとダビデの光景が思い浮かびました。 

そして、「もうちょっと聖書のことについて話したいんだけど、良い?」と娘が言うので、いいよと答えました。

それから娘は、人間をとる漁師にしてあげる、とイエス様の言葉について行った弟子たちの話に始まり、税金の取り立て屋のザーカイの話、神の祝福の子であったサムソンの力の秘密、不信仰の地で育ったカラスに養われたエリヤの話などを身振り手振りで体全体を使って面白おかしく、そして少し上を見て目をきらきらさせて話してくれました。

その光景を見て、「心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛しなさい」、という箇所が頭に浮かびました。ひとつの話が終わっても、次からつぎへと話が溢れ出てくる娘は、純粋に主イエス様を愛し、小さいながらに伝道師の予備軍として育っていってるんだなと思いました。聖書の話を喜びをもって楽しく話している娘を見て、私自身が初めに神さまに出会ったときのあの感動が蘇ってきました。

子供は、イエス様の愛に疑問は持ちません。子供は、天国があるかなんて疑問は持ちません。イエス様へ、そのまんまの自分で飛び込んでいくのです。悪い事をしたら、イエス様の前で涙をながし素直に謝るのです。

私は社会の中では、大人であり、女性であり、親であり、母であり、信徒であるわけですが、子供の純粋な信仰に学ぶことがたくさんあるのだと改めて思いました。神様のことを伝える(伝道)方法は、自分が感動をもって伝えていくことが一番大切だということを娘を通して学んだ一夜でした。

「神の国はこのような者たちのものである。」



(ブログ制作チーム: Sao)

        s-pic from phone 1443



クリックよろしくね
2011.09.29 23:29 | 証し
| ホーム |

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.