LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

s-鉄条網

今日は、“バウンドリー(境界線)” ということについて考えてみました。

バウンドリー(境界線)とは、自分と他者との境界線という概念で、それぞれの責任の範囲を明らかにするものです。たとえば、自分の仕事は自分でしなければなりませんが、他人の仕事をする責任はありません。また自分が食べるものは自分で決めますが、他人が食べるものに口出しはできません。同様に、自分の問題は自分で取り組まなければなりませんが、自分の思い通りに他人が行動することを期待することはできません。

このようにバウンドリー(境界線)は、どこまで助けるべきか、やり過ぎではないか、などの自己確認をし、自立という視点で適切な人間関係を築く助けになります。それぞれが自分の境界線を明確にし、互いにそれを尊重し合うことは良い人間関係を育てる大切な要素です。

自立とは、人と適切な関わり合いを持つこと(相互依存)であり、これに反する言葉に共依存というものがあります。日本人の場合は共依存的な土壌の中で育っていることが多く、この境界線が非常に不明確です。そのために適切な人間関係が育ち難く、互いの境界線を侵し合うことがしばしばです。自分の限界を超えて何かを行うとき、一見、良いことのようであっても、他人との境界線を越えることがあり、結局は残念な結果を招いてしまいます。

境界線を明確にするには、まず自分の感情、考え、必要、状況などについて正直になり、それを相手に伝えることです。たとえば忙しい時に何かを頼まれた場合、できない時に「できない」と言うのは悪い事ではありません。相手の気持ちを気にして無理して引き受けなければならない人間関係は健全ではありません。相手に対して「ノー」と言える関わり、また相手の「ノー」を受け入れる関わりこそ健全な人間関係と言えます。

人間関係の中で、いつも助けを必要としている人といつも助けてあげる人、という図式ができあがるなら、それは不健全な依存関係(共依存)です。その場合、境界線を明確にすることで、その人が自分の問題に取り組めるよう促すことができます。冷たく突き放すのでなく、相手のニーズに共感を示しつつ、愛をもって語ることが必要です。

境界線をはっきりさせるとは、他者に対して無関心でいることではありません。私たちには他者の問題を代わりに引き受けることはできませんが、他者に対する責任はあります。他者に対する責任とは、ひとりでは負いきれない重荷を抱えている人を助け、感情的にも相手に寄り添い、喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣くことです。

境界線の原則で大切なのは、自分の言動は自分の責任であり、相手の反応は相手次第であるということです。私たちは、自分がこれをすれば相手もこうしてくれるだろうと、相手の反応を期待して行動することがあります。しかし、相手が期待通りの反応をしてくれないと、失望や怒りを覚えたりします。それでは純粋な関係は築けません。私たちの言動は、相手を操作しようとする隠れた動機によるのでなく、愛を動機とした主体的なものであるべきです。

適切な境界線を持つとは、できない事、やりたくない事はしなくてもいいという消極的なものではありません。むしろ、不健全な依存や支配から解放され、恐れ、罪悪感、強制、妥協などではなく、愛を動機とする自由な選択による関係を築くことです。私たちは「ノー」と言える自由があって初めて、心からの「イエス」を言うことができるからです。

今日の一言: 適切な境界線を持って素晴らしい人間関係を作ろう


By His Grace Alone
鶴田健次



クリックで応援をお願いします
2011.08.22 12:37 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.