LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

             s-P1011150.jpg

2011年8月7日、吉原千晶姉妹の洗礼式が執り行われました。千晶姉妹はラスベガス教会の82番目の受洗者となりました。おめでとうございます!

千晶姉妹は、約2年半前に3ヶ月ほどラスベガスにいる伯母さんの敏子姉妹のもとに滞在をされたことがあります。最初はキリスト教に心を閉ざしておられた姉妹ですが、少しずつ教会の兄弟姉妹を通して心が開かれ、ある出来事を通して神様の存在を強く示されたことで、その次の日曜日に初めてラスベガス教会の礼拝にいらっしゃいました。

それから日本に帰国され、2年が経ち、敏子姉妹は 毎日千晶姉妹の為に捧げる祈りの中で『千晶をリトリートに誘ったらどうか』という思いが与えられたのです。敏子姉妹はさっそく千晶姉妹と千晶姉妹のお母様である恵子姉妹(敏子姉妹の妹で、既に救われたクリスチャン)を誘い、7月末にCA オンタリオで行われたリトリートの申込みをし、3人でリトリートに参加されることになりました。

千晶姉妹はリトリートでの力丸先生のメッセージやスモールグループの方々との交わりに心満たされ、ラスベガスに来られて、鶴田牧師から「入門者クラス」を受け始められました。限られた滞在期間のため、一日3時間半の5日間コース(?)というハードスケジュールの中、神の恵みと導きにより信仰告白をされました。ハレルヤ!

s-P1011162.jpg
鶴田先生の左が千晶姉妹 右がお母様の恵子姉妹


今は日本の生活に戻られている千晶姉妹ですが、インタビューに答えていただきました。

質問1。小さい頃の千晶姉はどんな少女でしたか?
悩みがない分、今より明るかったような…でも現在とは打って変わって引っ込み思案でした。
明るいのに引っ込み思案って…って感じかもしれませんが、なんていうか…シャイだったんです(笑)

質問2。ラスベガス教会に来たきっかけは何でしたか?
伯母が通っていたので。実は最初は仕方なく(笑)

質問3。 一番最初の3ヶ月間でラスベガス訪問中の印象に残ったことは何ですか?
事故にあったこと。今では笑い話ですが(笑)
そのときに皆さんの優しさや、神様が私を見守って下さっていることを実感した出来事だったので、私にとっての“転機”ですね。

質問4。 鶴田先生のファンだとお聞きしましたが、どういったところが好きですか?(笑)
どんな話でも興味を持って聞いて下さるところですね。
日本では相手の顔色を伺う(特に年上の方は)ことが多いですが、先生には安心して色々話せます。

質問5。今回2回目の滞在で、リトリートに参加なされましたが、どういった事を経て 参加を決意されましたか?
正直決意という感じではなく、勉強勉強の毎日に疲れ果てていたところに、伯母から「こういうのあるけど参加しない?」と言われたのがきっかけでした。

質問6。リトリートには期待がありましたか?また終わった今感想をシェアしてくださいますか?
そんなわけで期待とかそんな感じではなく、かなり気軽に参加してしまい、行ってから「こりゃなかなかすごいところに来たもんだ」と思いました。
でもこれまで定期的に教会に通ったことのない私にとって、ほかの方と色々な考えやバックグラウンドをシェアすることの出来た初めての経験でした。

質問7。 リトリート の後、入門者クラスを受け始めたとのことですが、入門者クラスを受けようと思ったきっかけは何ですか?
これも伯母に「こっちに来てる間、先生が時間を作って下さるそうだけど、受けてみる?」と言われたのがきっかけで、あまり深刻に考えてはいませんでした。
前回事故にあった時に神様の存在は信じられていたし、日本に帰ってからも食前のお祈りを続けるくらいだったので純粋に「理解を深められたらな」、と思っていた感じで、この時は洗礼を受ける気は全くなかったんです、実を言うと。

質問8。 ずばり、神様を心に受け入れ主と共に歩もうと決意されたものは何でしょうか?
そんなわけで入門者クラスを受ける=信仰告白をする、とは思っていなかったもので、かなり自分の中で混乱というか最初先生に言われた時はもうなんかぐちゃぐちゃでした。
神様のことは信じているし、勉強したことも理解は出来るんだけど、今までの自分やこれからの自分を否定してしまうような気がして、どうしても自分の心がそれを受け入れられない。どうしていいか分からなくて泣くしか出来ませんでした。
2回目の時、最初はその前と同じように「急いで今回信仰告白しなくたって自分が納得した時でいいんじゃないか」と思っていました。でも先生と話をしているうちに自然と「ああ、これでいいんだな」と思えた瞬間があって。だから決意というかそれこそ導きでした。

質問9。 神さまを受け入れた今の心境は?
少し時間も経っているので今は落ち着いています。
受け入れる前に「あんなに頑なに拒んでいたのがばかみたいだなぁ」と言う感じです。

質問10。イエス様を受け入れる前と受け入れた後では、なにか違うものはありますか?
少しお話しましたが、信仰告白のときに身体が浮いてるような感じでした。
心境の変化としては、やはり日本に帰ってくると色々嫌なことがあるのですが、その時に「神様がついていてくださるから」と言い聞かせることによって落ち着くことが出来ているような気がします。
元来の性格に考えすぎるキライがあるのでまだまだ心に波風が立つことは多々ありますが(笑)

質問11。 最後にラスベガス日本人教会の皆様にメッセージはありますか?
私が神様に近づくことが出来たのは本当に皆さんのおかげだと思っています。
元々、宗教に対して偏見のあった私がこのように洗礼を受けることになるなんて思ってもみませんでした。それは皆さんから直接頂いた優しさや愛情、また、私が帰国してからも祈り続けてくださったその祈りがあったからなのだと思います。
本当にありがとうございました!!

ハレルヤ!神の御名を賛美いたします。千晶姉、質問に答えてくださりありがとうございました。

s-P1011174.jpg
洗礼後のポットランクランチのひと時 千晶姉妹と鶴田先生

神はその独り子を賜ったほどに、この世を愛して下さった。それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである。(ヨハネ福音書3:16) 神は私達を愛してくださり、一人一人に合った性格、ご計画を与えてくださっています。私達は罪人であるけれども、神は私達は神の最高傑作であると仰ってくださる。なんという愛でしょうか。

私達の教会では、過去2年間、千晶姉の救いの為の祈りがずっと続けられてきました。千晶姉妹をどうしても神様の救いのもとへ!と願う兄弟姉妹の内にいらっしゃる聖霊様の情熱と愛に心を合わせた結果こういう御業を目撃できたことは とても感謝な事でした。

これからの千晶姉妹の信仰生活が神と共に歩む祝福された毎日でありますように、教会員一同心よりお祈りしております。

(ブログ制作チーム: Sao)



2011.08.18 17:49 | 洗礼
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.