FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

s-Jesus_put_us_first.jpg

証し 2011年8月5日  新井雅之

「イエス様の癒しを信じる心」              
                                     

あの悪夢から、2011年9月25日で、まる3年が経過します。カイザー(病院)のICUにいた時、医師にステージ4(末期癌)を宣告されました。私には信じられませんでした。何故ならば、親族で癌を患って亡くなった者がいないからです。私は癌の家系ではありません。

一般の病室へ移ってからは、お見舞いに来られた方々に、私は検査の結果、癌は消えて無くなりましたと伝えました。これは私の妄想、いや、願望かもしれません。私は数日後、手術、治療も大切だけれど、イエス様の癒しを信じることのほうが、もっと大切だと悟りました。現在まで、イエス様の癒しを信じ続けてきました。これからもイエス様の癒しを、とことん信じる所存でいます。

2010年、大晦日の午後8時頃に、私は大喀血をいたしました。シティー・オブ・ホープ(病院)のエマージェンシーへ、車で駆けつけました。車の中で江美子が、血の色はどんな色と聞きました。「鮮血ですか ?」。何にゆえにそんなことを聞くのかと、不思議に思いました。江美子は日本での職業は看護師です。私は、即座に病院へ向かうのが先決(鮮血)だと答えました。私が駄洒落を口走ったのも、心にゆとりが芽生えていたからです。即ち、イエス様の癒しを固く信じて疑わなかったからです。喀血は癒される。私のすべての病は癒されるのだ。

この日は、入院することになりました。数日後、検査の結果を医師に伺いました。医師は肺炎に罹っていると語った後で、骨にも転移していると告げました。私の癌は甲状腺に端を発して、脳、首リンパ、肺に転移していました。今度は骨にも転移していると聞くなり、目の前が闇で覆われました。癒しを信じていたのに、更に悪化しているとは、知る由もありません。

私は、だんだんと生きる希望を失いつつ、奈落の底へと突き落とされるような気持になってきました。落ち込むのと裏腹に、妙に元気が出てきました。私の性格は、本来は弱虫なのです。日頃から怖がりです。だのに摩訶不思議、私の信仰がためされられていることに気づきました。私は自分に強く言い聞かせました。「イエス様の癒しを永遠に信じると」。

3週間後に再び入院をしました。ラディオ・アクティブ・アイオダイン(放射線)の治療を行うためです。治療と検査の結果は、骨に転移した影が完全に消えてしまいました。脳、甲状腺、首リンパは、既に手術済み。後は肺に癌細胞が残っているだけです。

 2011年の9月か10月頃に、入院をして肺の癌細胞が死滅する目的で、もう一度、放射線治療を執り行います。皆様に、祈りのリクエストがございます。私の癌が完全に癒されますように、また、ストロークの後遺症、右半身不随が治りますように、言語障害が完治しますように、切にお祈りください。有り難うございました。アーメン! ハレルヤ!


(証し: 新井雅之)
 


2011.08.16 19:59 | 証し
| ホーム |

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.