LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

rikimaru1.jpg


7月24日は北九州市シオン教会より力丸嗣夫牧師をお招きし、礼拝の日の恵みを与えて頂きました。
メッセージに入る前に、先生はご両親から受け継いだ信仰の喜びを、聖歌の独唱を持って、お証してくださいました。また、メッセージはローマ8章26―30節から「神の御計画」と題して、ご自身の上に神様が現してくださった御業をお分かちして下さいました。

先生は生死を分ける重病を幾度も乗り越え、また、車椅子の生活からは癒され立って歩く事ができるようになりましたが、その神の癒しをご経験された中で、先生は「クリスチャン生活の一番の鍵は「平安」」です。と語られました。この平安はキリストの血潮によって、罪ゆるされた者に与えられられる事であり、平安はどんな時にも失う事がないものであると語られました。

また、苦しみ、試練、殉教、喜びと平安はすべて同居できるものであり、その中でいつもトップに立っているのが平安であるので、この平安のもとに病を受け、試練を受け、また喜びの頂点に立つ。このようなクリスチャンであればどのような事がきても恐れる事はない。また、神様は特定のクリスチャンにだけ、神の御業を現しているのではなく、振り返ればすべての人の上に主は御手をのべて、導いておられる。その事に気がつく事、それが「信仰に目覚める事」であると述べられました。

先生が語ってくださった、神様のお証は沢山ありましたが、7/19のブログで紹介したお証の続きを今回のブログでご紹介いたします。

今から40年ほど前に山奥に伝道に行かれ、1時間半かけてたどり着いた家に住んでいた老夫婦への伝道を終え、家の離れの牢座敷のような所に住まれる息子の「ウォーウォー」という声のするほうに近づく先生に、老夫婦は涙ながらに「この子はもう50になるが生まれた時から耳も聞こえない、話せない、目もほとんど見えない子なんです。」と言われたのです。老夫婦は先生がその隠れ場所に近寄る事を恐れていました。

先生がその息子さんのいる部屋に入ってみると、そこには髪もひげも伸び放題、目は落ち窪んでいる青年の姿を見たのです。部屋は悪臭で満ちていました。青年は格子の中に入れられ、1歩も外に出られない状態の生活でした。先生は神様に「神様、この兄弟をどうしたらいいでしょうか」と祈り、その時を神様に委ね、神様の導きを求めました。青年は見えない目で、しかし、しっかりと先生をじっと見ていました。先生が「いらっしゃい。神様が今日、会いにきたんだよ」と言って、柵の間から、延ばせるだけ自分の手を青年に向かって、伸ばしました。

青年は最初、部屋の後ろに後ずさっていましたが、次第に、先生に近寄りはじめ、そっと先生の手に触ってきたのです。青年は恐れながらも、次第に先生の顔まで手を伸ばしました。その時、先生は青年への愛の心で満たされ、目からは涙があふれていました。青年はその涙を自分の指先でそっとぬぐったのです。その瞬間、先生はこの何も教えてもらっていない、何も与えられてこなかった青年にも明らかに心がある、思いやりの心がある。と、歓喜されました。そして、先生も青年のほほに触れると、青年の目から涙があふれていました。先生が目から涙を拭うと、顔は垢でどろどろでした。

その時、「兄弟、今日イエス様が触れてくださった。今日まで辛かっただろうね、悲しかっただろうね。でも、今日からはイエス様がずっと一緒だからね」と語りかけ続けました。耳も聞こえず、目も聞こえず青年に語りかけ続けたのは、お互いの身体の接触によって、いたわりの言葉を伝える事ができたからでした。

先生は側で見ていたお母さんに息子さんの顔をぬれたタオルで拭いてあげてくださいとお願いしました。お母さんは「ごめんね、○○ちゃん」と言って、泣きながら息子の顔を拭き、息子はお母さんの手をしっかりと握っていました。

別れ際、先生は自分に近づいてきた青年を格子越しにしっかりと抱きしめ「イエス様、あなたにこの兄弟をお委ねします。いつも彼の心にあなたを思う心を与えてください。」とお祈りし、その場で泣き崩れていた老夫婦に「神様はいらっしゃるんですよ。今日は彼の人生の喜びの頂点の日です。この喜びは死んで天国に行くまで永遠に持ち続ける事ができるんです」とお話され、先生はその後、山を後にしました。その後の事を先生は知りませんが、知らなくていいとお話されました。それは、彼らの事を主に委ねられたからです。

先生のメッセージの最後のお言葉は、伝道スピリットにあふれるものでした。
「イエス様は本当に必要な時に遣わせてくださる。でも、こんな劇的な事があるとは限らない。ほんのちょっとした事かもしれない。しかし、その時にあなたがいつも祈ってるなら、神様は言葉を与えてくださるので、躊躇しないで優しく祈ってあげてください。
いくらでも伝道できます。あなたのうちに主がいてくださるという信仰を持って、主と共に遣わされてください。どんな事でも働いて主は益としてくださいます。そして、ご自身の栄光をあらわしてくださるのです。

ただただ奇跡がおこったとかそういう話ではなく、主が私と共に歩んでくださった今日までの人生であるという事です。これからまだ20年、30年、主のために働いていきたいと願いますが、わかりません。長く生きるも、明日召されるのも主の御心のまま。」


Rikimaru2.jpg



(ブログ制作チーム:薫)



2011.07.29 00:00 | 特別礼拝 / 集会
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.