FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

s-IMG131812.jpg
今年のマウントハーモン・キャンプへ行く前、私は参加すべきかどうか迷っていました。私は霊的にとても弱くなっており、何を信じて良いのかわからなくなっていたのです。また私の教会からキャンプへ参加するのは私だけで、キャンプへ行って一人きりになるのが不安でしたし、誰とも話をすることもないのではないかとすら考えていました。

でも、いざキャンプが始まると、そこは私にとってまるで天国のようで、神様がずっと私と共にいてくださるようでした。この世のすべてのわずらわしさから開放されて神様とのすばらしい関係を持つことができました。また、私を支えようとしてくださる神様を心から信じるたくさんの人々との出会いもありました。

さらには、霊の世界の良い事もそうでないことも経験しました。

そのひとつは、私たちが賛美をしていたときに起こりました。悪霊が一人の青年に入り込み、彼を支配してしまったのです。彼は痛みを感じているようで泣き出し、叫び出しました。彼の友人たちが彼のもとへ駆け寄り心配して彼に触れると、彼はさらに激しく泣き叫びました。それはとても恐ろしい光景で、部屋中にいた人々は皆泣き出すか、ショックを受けているようでした。この経験は、この世には本当にサタンがいる事を私やみんなに教えてくれました。

しかし、そんなものよりももっと強い神様がおられます。皆このことで深い悲しみを覚えましたが、神様はそれらをすべて取り去り、代わりに神様の御慈愛で私たちを満たしてくださいました。私たちの主は、このように強く、また全能であられる事を改めて学びました。

また、キャンプでの意味深いひとつのメッセージをご紹介したいと思います。

それは私たちクリスチャンは本当にクリスチャンであるのかというメッセージです。説教をしてくださったユースパスターは、イスカリオテのユダを例として語ってくださいました。ユダはキリストの直弟子として3年もの間寝食を共にした人でしたが、本当にイエス様を信じたのだろうか、ということです。なぜなら彼はイエス様を裏切りました。

私は初め、「イエス様のなされた奇跡の数々をじかに見た人がそれを信じないとは一体どういうことなのだろ」と思いましたが、実は自分もユダと同じなのではないかと考え始めました。外面の私は神様を信じていると言っています。しかし内側の私には「神様が私と共にいてくださるなんて、どうやって知ることが出来るのだろう?」という疑念があるのです。

ユースパスターはこのように語られました。
「信仰を本当にあなたのものにするためには、また神様に本当に忠実であるためには、神様が造り変えて下さった新しいあなたを現していく必要がある。」
このメッセージは、造り変えられた者としての信仰を神様に対して持っていなかった自分に気づかせてくれました。

キャンプを終えて私は神様との関係を新たに築いて行こうと思いました。
最後にこの御言葉でお証しを終わります。

「恐れるな。わたしはあなたとともにいる。たじろぐな。わたしがあなたの神だから。わたしはあなたを強め、あなたを助け、わたしの義の右手であなたを守る。」 (イザヤ書41:10)


(証し: マリナ)




2011.07.15 21:00 | 証し
| ホーム |

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.