LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

2011年6月19日の礼拝で、松本光世姉妹と林ジミー兄弟が洗礼の恵みに与られました。ラスベガス教会が始まって80番目と81番目の受洗者です。おめでとう!! お二人に人生最良の決断を導いて下さった聖霊様に心から感謝します。

        baptismmimi.jpg

松本光世姉妹(愛称ミミさん)は徳島の出身で、関西外語大からミズーリの大学に留学し、ビジネスを専攻されました。卒業後、一度日本に戻られた光世姉妹は、どうしてもアメリカが忘れられず、2008年のクリスマスに親戚であるクリスチャンファミリーの坂東一家の住むラスベガスに来られました。

ラスベガスでの生活が始まった光世姉妹は、学校と仕事の忙しい生活の合間を縫って、時どきラスベガス教会の礼拝に来られるようになりました。その背後には、もちろん坂東一家の祈りと導きがあったわけですが、しばらくは信仰への道は開かれませんでした。

昨年の7月、色んな経験の中で、光世姉妹の心に神様を知りたいという心が与えられ、従姉妹である坂東一美姉妹の勧めで入門クラスを受け始められました。忙しい中での不定期の学びでしたので随分時間が掛かりましたが、最後の学びが終えた去る6月9日、光世姉妹はイエス様を救い主、また主として信じて受け入れる信仰告白をされました。

        baptismjimmy.jpg

林ジミー兄弟は青森の八戸の出身で、在米45年の日本食の板前さんです。ボストンを皮切りにアメリカ生活が始まり、ニューヨークでは紅花一号店でロッキー青木氏のもとで働き、カナダで5年、またアメリカの各地を巡り日本食の板前として働いて来られ、15年前からラスベガスに住んでおられます。

林ジミー兄弟がラスベガス教会に初めて来られたのは、ラスベガスの教会開拓が始まって間もない2002年11月10日、鈴木啓之牧師をお招きしての特別集会のときです。それ以来、不定期に時どき教会に顔を出しながら、付かず離れずの関係を持ち続けて来られました。

そんな中で、数年前の九死に一生を得るような交通事故の経験から神様の守りを感じるようになられ、今年になって急に神様と共に残りの生涯を生きていきたいという思いが強まったようです。それから、松村兄弟の後押しを機に洗礼準備クラスを受けることになり、そこで十字架の意味をはっきりと理解し、信仰告白をされました。ジミー兄弟は、ラスベガス教会が始まって以来、最も長い求道生活を通して結んだ救霊の実でした。


光世姉妹にしても、ジミー兄弟にしても、また他の方々もそうですが、人が信仰に導かれるプロセスは実に様々です。しかし、そのすべてにおいて言えることは、信仰は神様が与えられるもの、聖霊の働きによらなければ人は自分の罪を認め、イエス様を信じる決断ができないということです。これが霊の世界の法則です。

baptismjimmymimi.jpg

(LVJCC牧師: 鶴田健次)



2011.06.24 00:00 | 洗礼
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.