FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

japanese-garden.jpg

今日は、‘切り捨てる勇気’ということについて考えてみました。

今の時代、私たちはなんと多くの不必要なものに時間を取られ、必要なものに十分な時間を取れていないことでしょうか。生活が複雑になるにつれて成すべきことの優先順位がおろそかになり、目標が曖昧になってしまうような気がします。そういう中で、必要なものと不必要なものを区別し、不必要なものを切り捨てる勇気が必要かも知れませんね。

アップルはグーグルを抜き、世界で最も価値あるブランドになりました。しかも世界最高ブランドであるアップルの製品群を全部並べても、小さなテーブルの上に収まってしまうというのは非常な驚きです。では、アップルがこれ程までに成功した理由はいったい何か。それは、少数の、シンプルで優雅な製品を生み出すことに徹底的にこだわったからだと言われています。

スティーブ・ジョブズとアップルが、どうやってこれほどの成功を収めたかを理解するのに役立ちそうなエピソードがあります。その提供者はナイキの最高経営責任者(CEO)マーク・パーカー氏です。パーカー氏はCEO就任直後にジョブズ氏と電話でこんな話をしたそうです。

パーカー氏:「何かアドバイスはありますか?」
ジョブズ氏:「ひとつだけある」。「ナイキには世界最高の製品がいくつかある。だれもが絶対に欲しいと思うような製品だ。その一方で、つまらない製品もたくさん作っている。つまらないモノは捨てて、優れた製品に集中するんだ」。

そこでジョブズ氏は一呼吸おき、パーカー氏は静かに笑いました。しかしジョブズ氏は笑いませんでした。真剣だったのです。「彼は完全に正しかった」とパーカー氏はその時を振り返ります。

ジョブズ氏はこう言ったそうです。「“集中する”というのは、集中すべきものにイエスと言うことではなく、それ以外のたくさんの優れたアイデアにノーと言うことである。選択は慎重にしなければならない。私は、自分がやってきたことと同じぐらい、やらなかったことに誇りを持っている。イノベーションというのは、1000の可能性にノーということだ」。実に実に考えさせられる言葉ですね。

1998年のジョブズ氏のように、350ある製品を10に絞り込むのはどれだけ勇気の要ることだったでしょう。しかし、その決断がアップルを世界一のブランドにしたのです。

いかがでしょう? これは企業だけでなく、個人生活にも、また教会生活にも当てはまることかも知れません。皆さんも、ご自分の生活の中で、必要なものを慎重に選び、不必要なものを勇気をもって切り捨て、より実りのある人生を生きていかれませんか。

今日の一言: 切り捨てる勇気を持とう


平安
鶴田健次



2011.06.22 00:00 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.