FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

        DSC04597.jpg

2011年6月12日(日)のペンテコステ礼拝にて、わが息子・善が晴れて洗礼の恵みに与かることができました。

この日は、善にとっても、私達家族にとっても、一生忘れられない特別な誕生日となりました。

たった5歳で、主を知りたいと願う思い、罪を認めて救い主を求め、心に迎え入れる決心へと導いてくださった神様の御業に、感動と驚きを覚えて止みません。若い日に、創造主を知ることのできるということは、なんと言う幸いでしょうか?

この日に至るまで、主の導きはもちろんのこと、牧師先生を始め、日曜学校の諸先生、またラスベガス日本人教会の兄弟姉妹の愛の交わりが私達家族を支え、皆様の祈りによってこの日を迎えることができました。すばらしい教会を建ててくださった神様に、また教会に集う皆様に、心から感謝いたします。

思い起こせば、神様が善をお腹に授けてくださったときから、私たちが神様に出会うジャーニーが始まりました。

神の不思議な導きの中、月間情報誌ラスベガスアイズに綴られた牧師先生のメッセージと最後に書かれた聖書の御言葉に心がひきつけられて、教会に初めて足を運んですぐに、聖書を学ぶ入門者クラスに導かれた私ですが、妊娠してから、体の具合が悪かったこともあり、しばらくそのクラスも中断することとなってしまいました。

そんな中、お腹の中の赤ちゃんが、どんどん大きくなって行くのを見て、これは、私が自分でそうさせているのではない、神様がお与えになられた尊い命なのだということに気づかされました。出産が間近になるにつれて、神の存在を思う思いが強くなり、母親になる前に、創造主なる神を知り、この神の賜物を神様の方法で、神様と一緒に育てて行くことが必要不可欠であると知りました。そして、再開した入門者クラス。お腹の中で動き始めていた善は、このクラスのときが大好きだったようで、先生の声を聞くと、いつもより活発に動いていたことを覚えています。私が信仰告白の祈りを終えたときは、本当に先生と私だけでなく、善も一緒に心を合わせて祈りを聞いていたのかなと思うほどに、おなかの中で、動いていました。このときから喜びを分かち合っていたのだと今になって思うほどです。

生まれて1ヵ月後から、毎週教会に集い、聞き覚えのある先生の声に笑顔で反応していた善が、教会で育ち、5年の月日を経た今、自分の意思で洗礼を受ける決心をするまでに成長しているというのは、母親ながら、信じられない不思議な思いです。

詳しい聖書の理解は、難しいとは言っても、5才ながらに、神様の存在、十字架の意味、罪の認識を持ち、自分にはイエス様が必要であるという福音のエッセンスを御霊様の力によって解き明かしていただいて、今、新たなる信仰生活を歩まんとしている善が、ますます神との関係と聖書の理解を深め、神の人としての人生を全うして行けるように祈るばかりです。

善にとってのベストフレンドは、イエス様です。言葉どおり、心のドアを開いて親友イエス様を心に迎え入れようとする純粋な姿を目にして、マルコ10章14節の御言葉の意味が初めてわかりました。神の国は、このような純粋な思いを持った者のものです。

福音を受け入れるためには、条件はたった一つ。信じて受け入れること。年齢、人種、地位、名声、資格、性別、生まれ、環境などは、一切関係ありません。かけがえのない高価なギフトをただで受け入れることに理屈は必要ありません。

この救いの御業を実現してくださった神様に心からの感謝をお捧げします。また、その背後にあるひとり子イエス様の尊い命の犠牲を覚えて、その愛の応答を実践すべくこれからの信仰生活に祝福を祈りつつ、多くの兄弟姉妹の方々とともに、よりキリストに似せられた姿となれるように心から願います。

“子どもたちを、わたしのところに来させなさい。止めてはいけません。神の国は、このような者たちのものです。”   マルコの福音書10:14

P6120005.jpg

(コールマン優子)



2011.06.17 00:00 | 洗礼
| ホーム |

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.