FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

              matthew2.jpg

私達のSouth Westスモールグループは、2007年7月13日に第一回の集会を持ち、今年で4年目になります。私達が目指しているのは「教会の7つの目的」:
1) 霊と真とをもって主を礼拝する
2) 愛を持って奉仕に励む
3) 出て行って福音を伝える
4) 神の家族としての交わりを持つ
5) キリストの弟子作り
6) 主の再臨を待ち望む
7) 祈る教会作り
これら7つを基本に活動をしています。

主な活動内容としては聖書の学びを中心に、証しの時間、とりなしの祈り、学びについてのディスカッション、また時には食事会、ボーリング会、クリスマス会、誰かの励まし会なども行います。そんな中でお互いが良く分かり合えるにつれ、神の家族のつながりも主によって更に強く結び合わされていくのを感じます。

今回の報告は、結成時から継続して行われ祝福されている聖書の学びについての証しをさせていただきます。
最初は「マタイの福音書」をテキスト無しで直接聖書から学びました。次は「聖書入門」の基礎をしっかり学び、次の「使徒行伝」は2年の歳月をかけて勉強し、とても充実したものになりました。次は「ルツ記」の学びをして、再び「マタイの福音書」を今年の3月18日から始めて現在に至っています。これ以外にも、「聖霊の賜物」の学びや、「キリスト教質問コーナー」、また初参加の方がいらっしゃる時には「スペシャルの学び」などを取り入れ臨機応変に対応するようにしてきました。

「マタイの福音書」をなぜ2回も学ぶかというと、もっと掘り下げた学びが必要だと以前から示されていたからです。今回はこの聖書勉強会のために前もってテキストを作り、メンバーにメールで送り、予習をしていただくようにしています。メンバーの皆さんは学ぶことにとても熱心で、疑問・質問もたくさん出ますし、また納得された時には聖書の深さに驚嘆します。

今は6章の「主の祈り」を勉強しています。実は、この「主の祈り」は2週間にわたって学んでいますが、まだ終わりません。というのは、「主の祈り」に込められた内容が実に意味深く、知れば知るほど感動に心が震えます。イエス様からいただいたこの素晴らしい「主の祈り」を、スモールグループの皆さんと一緒に楽しく感動を持って学ぶことができる喜びを主に感謝致します。そして、主にあっての神の家族を感謝致します。

更に、イエス・キリストを信じる私達はこれまでの学びを通して、聖書から主の再臨の希望と確信が与えられています。イエス様が再び来られる。私達を迎えに来られる。その喜びの日まで、一人でも多く、家族、友達、同僚、全ての隣人にイエス様の救いと愛を伝えておかなければなりません。聖霊様の導きを祈ります。

主よこれからも私達のスモールグループをあなたの御手にお委ねします。御心のままにお導きください。

「主を待ち望む者は新しく力を得、鷲のように翼をかって上ることができる。走ってもたゆまず、歩いても疲れない。」 イザヤ40:31
 
(South West Small Group: 松岡)



| ホーム |

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.