FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

イースター

4月24日、サンデースクールによるイースターさんび・みことば発表会が行なわれました。このイースターの日によみがえって今も生きて愛してくださっているイエス様に喜んでいただくため、子どもたちが一生懸命、何度も練習し、発表しました。

今回の発表会には、ナースリーから小学生まで合わせて13名の子どもたちが参加しました。練習は日曜日のサンデースクールや水曜日、親御さんが祈祷会に来られている間を利用して、約2か月行なわれました。また、各家庭でさんびやダンスの練習ができるよう、CDやウエブサイトを利用して、車の移動中に聞いたり、朝の目覚まし時計代わりに毎朝聞き、ダンスを覚えたり、工夫しながら使っていただきました。

発表会の内容は、3曲の日本語によるさんび、1曲の英語のさんび、8つのみことばを子どもたちに割当て、暗記し発表するということをしました。普段は英語を使って生活している子どもたちなので、日本語で発表すること自体大変だったと思いますが、一人一人大変頑張ってくれました。

          IMG_7983s.jpg
          ナレーターの夕紀子姉妹

私の手違いで、ふたりの子どもたちが同じみ言葉を覚えていることに前日まで気づかず、みかちゃんに急きょ別のみことばを覚えてもらうようになって、みかちゃんには本当に悪いことをしたと思っています。長いみ言葉を素直に引き受けてくれた子供の優しさ、たくましさを見て、大人の私が励まされました。

当日、こどもたちはかわいいドレス、スーツを身にまとい、イエス様にさんびやダンス、みことばをお捧げしました。子どもたち一人一人が一生懸命みことばを覚え、「みことば覚えたよ!」と報告してくれる子どもたちはとても輝いていました。

純粋無垢な子どもたちとともに学び、賛美できることは何という特権でしょう!
この発表会を通して、私が一番勉強させていただきました。

IMG_8066s.jpg
さんび・みことば発表会のひとコマ

また、子どもたちの日々の努力や親御さんの陰の支え、サンデースクールのゆきこ姉、ミスビビアン、治美姉の毎週のご奉仕、ビデオマンをしてくださったみどり姉、カメラマンのショーン兄、音響を担当してくださった田尻兄、韓国語の歌を日本語で歌い直してくださり、ピアノを弾いてくださったさおり姉、英語翻訳をしてくださった優子姉、ミスヴィヴィアン、背景作りをしてくださったあや姉、CDを作ってくださったゆきマイヤー姉、田上兄、リハーサル日に子どもたちへのご褒美をくださったけい姉、照明を担当してくださった松岡兄、多くの方々のお祈りの支え、本当にありがとうございました。

そして何よりも、 イエス様の導き、聖霊様の助けによってすべてがなされたことを感謝し、神様に栄光をお返しいたします。

          IMG_8195s.jpg
          全て終わった後は、お楽しみのエッグハンティング

『(あの方は)ここにはおられません。前から言っておられたように、よみがえられたからです。』     (マルコの福音書28章6節)

『「子どもたちを、わたしのところに来させなさい。」止めてはいけません。神の国は、このような者たちのものです。』 (マルコの福音書10章14節)

(子供ミニストリー: 香織)



2011.04.28 00:00 | 子供ミニストリー
| ホーム |

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.