FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

大震災12
(地震計が記録した東日本大震災)

3月2日から家族を訪問する為に、日本に帰省していました。約1週間ほどの滞在を終え、3月11日に成田空港で出国手続きをしている時に、大地震が起きたのです。

最初は地震だとは思いませんでしたが、空港ビルの天井が激しく揺れて音がだんだん大きくなった時に、空港スタッフの方の「外に逃げてください!」という声で、空港中の人たちが出口をめがけて走り出しました。幸い空港はすいていましたので、けが人なども出ずに、安全に外まで非難する事ができました。

近くにいた方が、すぐに携帯でニュースを見てくださり、東北地方で震度7の地震、成田は震度6の地震が起きた事を知りました。気持ちを落ち着かす間もないうちに、2度目の大きな揺れが起きた時は、自分の立っていた場所が崩れ落ちるかもしれない、自分は死ぬかもしれないと思った瞬間、その場にひざまずいて「イエス様、助けてください。守ってください。」と、声を出して祈っていました。必死の祈りでした。

少しして、揺れがおさまったときには、心から神様に感謝しました。しかし、その後も心の中で絶えず神様の守りを祈っていました。その後、平地の駐車場に非難し、安全が確認できてから空港内に入れて頂き、その日は有難い事に、毛布や非常水が支給され、空港内で一夜を明かしました。その間も、ずっと余震が続いていましたので、横になる時も、靴も上着も着たまま、いつでも逃げられる体制で備えました。一晩中、空港内には地震速報が放映されていて、多くの方がじっと耳を傾けていました。

その中で、信じられない光景が目に映ってきました。津波による被害です。日本中いえ世界中の人々がこの映像を現実として見る事ができなかったと思います。流れ込む波が全てを一瞬で奪ってしまい、何もかもが飲み込まれていったのです。

私がうけた地震の影響はほんの小さなものでしたが、一瞬でも死を現実の事として受け入れた時に大きな恐怖に襲われました。ましてや、震源地に近い場所で被災された方や家族を失った皆様、そして今は、原発事故の被災にあわれている方々の恐怖心や不安、悲しみは想像を絶します。


救出作業の事や被災されている皆様の必要が満たされる事、被災の影響が一日も早く食い止める事を各個人でまた教会で祈っております。また、祈りと共に当教会からも義捐金を送る事にいたしました。

皆様の温かいお心と共に義援金・援助金を被災地へ送りたいと思います。ご協力をお願い致します。すべての義捐金は、一括して日本赤十字社へ送り、被災地の救援・復旧活動のために用いていただきます。

チェックの宛先:  Las Vegas Japanese Community Church (or LVJCC)
チェックの送り先: Las Vegas Japanese Community Church
            (Attn: Japan Earthquake Relief Fund)
            9175 S. Las Vegas Blvd. # 108 Las Vegas, NV 89123


(ブログチーム:倉田 薫)



2011.03.18 00:00 | その他
| ホーム |

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.