FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

       psychology.jpg

今日は、人間の基本姿勢について、むかし学んだノートを見ながら考えてみました。

人は誰でも生きていくために、その土台となる基本姿勢を持っています。この基本姿勢によって、その人の行動パターンや思考パターン、また感情パターンが違い、その人らしさが表わされるものです。ですから、自分を知り、他者を知り、病んだ心を理解してあげるためにも、この基本的な心のメカニズムを知っておくことは大変重要です。

交流分析の創始者エリック・バーンは、自己や他者に対する基本姿勢を次の四つに分類しました。

① 私もOK、あなたもOK(自己肯定、他者肯定)
② 私はOKだが、あなたはOKではない(自己肯定、他者否定)
③ 私はOKではないが、あなたはOK(自己否定、他者肯定)
④ 私もあなたもOKではない(自己否定、他者否定)


誰でも幼少時代にこの中の基本姿勢のどれかを身につけ、それからはその基本姿勢に大きく左右されながら生きていくことになります。

① 私もOK、あなたもOK(自己肯定、他者肯定)
この基本姿勢は、自分と他人の双方の存在価値を自然に承認できる最も望ましい姿勢です。両親に本当の意味で十分に愛されて育つと、この基本姿勢が身につきます。「お父さんとお母さんが愛してくれる僕はきっと素晴らしい人間なんだ。そして、お父さんもお母さんも素晴らしい人なんだ。きっとすべての人が素晴らしい人間なんだ」と、無意識に直感するのです。これを「基本的信頼感」と呼びますが、人間が健全に生きる上で最も大切な条件になります。ですから、この基本姿勢を持っている人の人生は豊かさと幸せがついてきます。

もちろん100%の基本的信頼感を持っている人はいませんが、この基本的信頼感が高ければ高いほど、人間関係を上手く調和させ、自分の能力を十分に発揮して、幸せな人生を生きることができるのです。

聖書の最大の戒めの一つに「自分を愛するように、あなたの隣人を愛せよ」という教えがありますが、この教えがまさに「私もOK、あなたもOKという基本姿勢で生きなさい」ということであり、良い人間関係の秘訣、また幸せな人生の極意だと言えるでしょう。

② 私はOKだが、あなたはOKではない(自己肯定、他者否定)
人間が生まれながらに持っている罪の特徴は、わがまま、自己中心です。つまり、自分を肯定して、他人を否定する姿勢です。この自己肯定、他者否定の基本姿勢を持った人は、基本的に自分に甘く、人に厳しい傾向があります。

ですから、このタイプの人は人をよく批判します。人が自分の期待に応えないと、その人を非難します。ところが自分が人の期待に応えない場合は、いろいろと自己弁護をします。また、人の話を聞くよりも自分のことばかり話したがります。それも自慢話が多いです。また、よく人に忠告をしたがります。

しかし、よく考えてみれば、「私はOKだが、あなたはOKではない」という姿勢は、本当はあり得ないのです。なぜなら、本当に「私はOKだ」と思える人は、人のことも「OK」と思えるからです。

ではなぜ、「私はOKだが、あなたはOKではない」という姿勢で生きている人がいるのでしょうか。それは、その「私はOK]というのは、実は本当のOKではなく、ただ「私はOKだと思いたい」ということなのです。そして、OKではない自分をOKとするには、OKでない自分を人のせいにするしかなく、自分が幸せな人生を送れないのは他の人のせいだ、と無意識のうちに自分の責任を他人に転嫁しているのです。

したがって、その人は本当は自信がないのです。自分を持ち上げ、人を引き下げておかないと自分の立場がなくなってしまうと恐れているのです。また自分をいつでもアピールしていないと、誰も尊敬してくれないと思っているのです。

あなたの基本姿勢はどうですか。本当の自己肯定をできる自分になるためには、「あなたはOKな人」というストロークを受け続けることが必要です。

― つづく ―

今日の一言: 自他肯定の姿勢で生きよう

平安
鶴田牧師



2011.02.21 09:39 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.