LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

IMG_6527ss.jpg
(礼拝賛美)

私たちのユースミニストリーでは、今現在、3人の生徒がコミットしていろいろな働きを担っています。
ユースミニストリーの大きな働きの一環として、それぞれの霊的成長と御言葉の学びに加え、教会での奉仕があります。

2009年1月から始まったユースによるコーヒースタンド ”Cafe Vine” は、ファンドレイズを目的に始められましたが、毎週の礼拝に早く来て準備をし、1時間前から売り子であるユースが、教会員を笑顔で迎え、お飲み物を用意しています。これは、ユースにとっても大変良い学びの場、働きの場として、主が大いに用いてくださっています。1年半の間、毎週続けられてきたこの働きも、主にあって続けることができ、今ではユースが責任を持って働いております。

キリストの体である教会の一部、つまりキリストの体の一部としてなくてはならない尊い存在であるユースが主のために何ができるかと話し合った折には、教会の清掃、ベビーシッター、パワーポイントなど、たくさんのアイデアが挙がり、進んで働きに参加する姿勢を見て、主を賛美しました。

Youth Class
(授業風景)

そして、今年の5月から礼拝賛美の奉仕に加わり、同じ頃、洗礼の恵みに与かった2人のユースも、主のために熱心に、心からの賛美を捧げています。合同練習が難しい中、各自で一生懸命練習し、皆が互いに温かく支え合いながら、微笑みいっぱいに主を賛美しています。

また、それぞれに与えられた賜物を見つける、とてもよい機会として、9月から主が子供ミニストリーのサポートのためにユースを導いてくださっております。

主を心に迎え入れると心に定めたそのときに、主は、たくさんのドアを開いてくださり、主の愛をもっと深く知り、その愛に応答する場所を設けてくださり、その中で、心も体も主と共に成長していくのを見るのが心待ちです。神の子イエスの命という代価によって買い取られた私たちが、私たちの全存在を持って、どんなときも主を証していくことこそが、私たちの喜びです。

何事にも素直に真剣に取り組んでいるユースを、これからも主がお導きになり、すべての働きを通して神の栄光が現されることを祈ります。

「あなたがたは、代価を払って、買い取られたのです。ですから自分のからだをもって、神の栄光を現しなさい。」 第一コリント6:20

3
(ファンドレイズ・ランチの準備)

(ユースミニストリー・リーダー: 優子)
2010.09.24 00:00 | ユースミニストリー
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.