LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

         IMG_9850s.jpg
         (先生の書斎、PCはソニー・バイオでした )

鶴田健次牧師の略歴:
在米34年。20年間の会社経営を経て牧師に。
1994年にカリフォルニア州トーランス市に教会を開拓。
2002年にネバダ州ラスベガスに教会を開拓。

         IMG_9962s.jpg
         (先生の手放せない愛用品)

牧会関係
  
* 「時間管理の達人」である鶴田先生の日常の時間割は?
達人ではありませんが、時間の管理は豊かな人生の鍵というのが私の持論です。
私の日常の時間割は、基本的には、5時半起床で、就寝は午前1時ごろ。
昼間に1~2時間ほど昼寝をします。

毎週の役割としては、日々の祈りと御言葉の学び、週3回の早天祈祷会のメッセージ作り、水曜日の夜の祈祷会のメッセージ作り、日曜日の礼拝メッセージ作り、聖書クラスのテキスト作り、DWやL.V. EYESの原稿作成などを一週間の時間割の中に組み込んで実行しています。

また、その他の事としては、教会ホームページの原稿作成、“牧師室より”のメールメッセージ作成、カウンセリング、読書、運動、その他を時間割の中に組み込んでいます。予定したことがその通りに終わらなかったり、急用ができたときは、優先順位を念頭に置いて処理します。

* 牧師をされていて、一番多くの時間を費やすことは何ですか?二番目、三番目は?
一つの事で一番多くの時間を費やすことは、やはり日曜礼拝のメッセージの準備です。
二番目はホームページの原稿作成、三番目は聖書の学びです。

* 礼拝メッセージの箇所はどのようにして決められますか?
礼拝のメッセージは聖書を読んでいるときに示されることを語るようにしています。
私の思いの中には、いつも自分で見たり聞いたりした色んな関心事がありますから、そういうものを念頭に置きながら、祈り心をもって、聖書を読んでいると、いつも特定の御言葉のところで語らなければならないメッセージを与えられます。

* 礼拝のメッセージを準備なさっている時の証し等がありましたらお聞かせください。
礼拝メッセージは、基本的に、主が私に預けられる御言葉を語るわけですから、まず最初に、そのメッセージを私が聞いて、それをしっかり受け止めることが大切だと思っています。
でないと、自分が受け止めてもいないことを語ることなどできません。その意味において、私はしばしば、聖書を通して主が語られる十字架の愛のメッセージに感動して、一人で泣く時があります。

* 先生のメッセージは論理的かつ具体的で分りやすいと定評がありますが、そのための注意点などを簡単に教えてください。
三つのポイントでしょうか?(笑)  (注:鶴田先生のメッセージは通常、内容を3つのポイントに分けてお話されています。)

* 先生のお持ちの聖書のひとつに、余白にぎっしり書き込みのしてある聖書がありますね。ほとんど全ページに、しかも色分けして書かれていて、まるで芸術作品のようです。それについてお話いただけますか?
この聖書の書き込みは、私がまだビジネスマンの時代、28年ほど前から10年間に渡って毎日平均5時間ほど、聖書全巻の注解書を買い込んで聖書を勉強していたことがあったのですが、そのときに書き込んだものです。その頃はメガネなしでこの小さな字を書いたのですが、今はメガネをかけても見ずらいです。(笑)

   s-書き込み聖書
   (先生の書き込み聖書)

* クリスチャンではない方からのお電話があった時、どのように導きますか?
だいたい、ノンクリスチャンの方は、何かがあって、話を聞いてもらいたい一心で、勇気を出し、思い切って電話をかけてこられる筈なので、出来る限り優しく、話をよく聞いてあげることに重きを置いています。

* 私たちは、先生の素晴らしいメッセージをもっと多くの方々に知ってほしいという希望がありますが、本を出版されること等は視野に入れておられますか?
本を出版する構想はありますよ。実は、幾つかの構想を持ってるんです。
おそらくメッセージ集ではなく、一般の人に読んでもらえる内容で、聖書のメッセージが伝わるものを考えています。

* デスクワークで疲れた時の疲労解消法があったら教えてください。
運動をすることです。ストレス学では、異種のストレスを加えることによってストレス同士が相殺し合うという理論があるんです。

* 先生から見た教会信徒はどのように見えますか? 
皆さん可愛いです!特にうるさい人が可愛い。(だからと言ってうるさくなる必要はないですよ)

         IMG_9932s2.jpg
         (このマグカップは最愛のお嬢様、Ashleyの名前入りで20年
          以上も愛用しているものとのことです)

プライベート関係

* 小さい頃の先生はどんな子供でしたか? また、ティーンエイジャーの頃は?
小さい頃の私は恥ずかしがりや。
ティーンエイジャーの頃の私は、いつもグループのリーダーになりたがる傾向がありました。

* 昔「ながら族」(TVを見ながら仕事をする等)という言葉があり、先生もその世代だと思いますが、2つのことを同時進行ですることがありますか?
効率が悪いので、あまりありません。
ただ二冊の本を平行して読むことはあります。

* ラスベガスのお気に入りの場所は? 
特別、気に入った場所がないんです。知らないからでしょう。
どこかいい所を教えてください。

* 先生の健康の秘訣は?
運動とプロテイン・ドリンクと還元水。

* 仕事以外で、何をしている時間が一番好きですか?
運動、読書、それからお茶を飲みながら大福を食べる。

* 先生がクリスチャンになっていなかったら、どのような人生を歩んでいたと思いますか?
ビジネスマンとして富を求める人生を歩んでいたと思います。


* 最後に、先生の将来の夢は?
ラスベガス教会を大きくし、敬老ホームを建て、世界中の日本人にキリスト教の様々な情報を提供するウェブサイトを作ること。また日本での伝道に関わり、日本人の救いのために働くことです。

         牧師室
         (きれいに整理整頓され、清潔で居心地の良い書斎です)


「そして彼は、ある人を使徒とし、ある人を預言者とし、ある人を伝道者とし、ある人を牧師、教師として、お立てになった。」  エペソ 4:11

(ブログ制作チーム: Sao, Shawn, Midori)
2010.09.17 00:00 | その他
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.