FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

   s-IMG_6170s.jpg

シニア聖書クラスは毎月第3日曜日、礼拝後にもたれています。
60歳以上の教会員が常時10名ほど参加しています。

クラスが始まったきっかけは、教会図書コーナーの書籍を整理していた時、一冊の本を見つけたことでした。 以前私達の教会を訪問された稲葉寛夫先生から寄贈されたもので、本来は小学生がホームスクーリングで聖書の学びをするためのテキストでした。しかし学習内容を的確に表現した挿絵や、また聖書を大変分かりやすく解説した文章に感動し、すぐに牧師に見せたところ、「このテキストを活用してシニアメンバーのためのクラスができないだろうか?」とのアイディアをいただきました。それは良い考えだと思い、早速何人かのシニアメンバーの方々に相談したところ、「すぐやろう!」ということになり、とんとん拍子でクラスが始まりました。

            s-IMG_6173s.jpg

創世記の学びから始まり、天地創造や原罪など、ゆっくりではありますが詳しく深く理解することができ、「なるほど、今まではあまり良く理解していなかったことが今はしっかり分かるようになった。」との声をメンバーからいただいています。

また、普段はあまり発言や質問をされないシニアメンバーの皆さんが、クラスの中では積極的にディスカッションに参加され、ご自身の疑問や意見を述べられている様子を見ていると、やはり皆さんは心から神様を愛しているのだと感じることができます。愛しているのでもっともっと神様のことが知りたいという意欲の表れとして、ディスカッションが毎回とても熱いのです。年齢を重ねられてもこれだけの情熱を持つことができるのはすばらしいと思います。

            s-IMG_6179s.jpg

聖書の理解を深めることによって、神様が私達クリスチャン一人一人と深く結びつきたいと願っておられることを知ることができます。鶴田牧師がいつも私達に教えてくださるように、神様との個人的な関係ができると、私達は神様無視の生活ができなくなります。礼拝を守り、祈り、御言葉の学びをし、交わりをし、伝道に励むようになります。この聖書クラスを始めてから、これらのことがシニアメンバーの間で積極的に行われるようになったことを心から神様に感謝しています。そして、メンバー同士が愛と哀れみとを持って多くの人々と交わっている様子をよく目にします。私もうれしいですが、それ以上に神様がどれ程喜ばれているだろうかと思います。「神様の喜びは私達一人一人の喜びである」と声高々に言うことができるよう、これからもクラスを通して多くの学びと働きをしていきたいと思います。

「わが子よ、わたしの教えを忘れず、わたしの戒めを心にとめよ。そうすれば、これはあなたの日を長くし、命の年を延べ、あなたに平安を増し加える。 (箴言3:1-2)


(シニア聖書クラス・リーダー: Sue)
2010.08.06 00:00 | シニアミニストリー
| ホーム |

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.