LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

新ホスピタリティー

この5月からホスピタリティーの奉仕が変わりました。今回はその報告をいたします。
5月2日の婦人会で話し合いをし、決まったことで、教会にある4つのスモールグループが交代で1ヶ月間担当するという仕組みです。

ホスピタリティーの奉仕内容は、礼拝後の交わりのとき、お茶やコーヒーなどの飲み物を始め、スナックや軽食、或いは持ち寄っていただいたポットラックのお料理などを、教会においでいただいた方々のために、準備からフィニッシュまでをします。礼拝後のひと時を気持ち良く過ごしていただくために、信徒の交わりが円滑にできるように、また初めてお越しいただいた方々との親交を深めるためのフォローに、欠くことのできない大切な教会奉仕の一つです。

この日、6月27日の愛餐会はドーナツ&コーヒーでした。テーブルを出し、ドーナツを並べお皿やナプキン、飲み物などの用意をネリス・スモールグループがして下さり、終わってからの後片付けも手際よくテキパキとされていました。

教会のオケージョンの日やゲストスピーカーがおいで下さった時には、教会員がお料理を持ち寄ってポットラックになったりします。その日は、子供も大人も待ちきれないくらいにランチタイムが楽しみです。巻き寿司、五目寿司、天ぷら、野菜の煮物、炊き込みご飯、冷奴、きんぴら、肉じゃが、餃子、唐揚げ、その他の創作料理、杏仁豆腐、コーヒーと小豆のゼリー、パイ、各種フルーツなど、テーブルに並べきれないぐらいです。ホスピタリティーの仕事もたくさんあります。


聖書では、教会は神の身体であると教えています。奉仕は人のためにしているように見えますが、霊の目から見ると神ご自身に仕えることに他なりません。生き生きと楽しんで心からしている奉仕こそ、神に喜ばれ、祝福が与えられることを私たちは知っています。

このような小さき者の私達にも働きを与えてくださった事を感謝し、神の栄光を現せる忠実な僕として日々奉仕に励む者でありたいと願います。

最後に、長い間ホスピタリティーの担当をして下さった美佐子姉妹とケイ・バートラン姉妹、みー子姉妹、他に毎回お手伝いして下さった方々に感謝致します。主からの豊かな祝福がありますように。
また、毎週一人で黙々とバスルームのお掃除をして下さった則子姉妹にも、大きな祝福がありますように。


(ブログ制作チーム: みどり)
2010.07.02 00:00 | その他
| ホーム |

FC2Ad

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.