FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

33021_convert_20210331075603_20210331075704129.png


十字架の七言(その1)

 

 

 今週は受難週ですが、あなたに代わって十字架に架かられたイエス様のことを思いながら一日一日を過ごしておられることと思います。

 

 さて、主イエスは十字架の上で七つの言葉を口にされたと聖書は伝えていますが、これを「十字架の七言」と言います。最初の三言が午前9時から正午の間に、残りの四言が正午から午後3時の間に語られたものです。その中で最初に語られた言葉は、以下の言葉です。

 

 「父よ。彼らをお赦しください。彼らは、何をしているのか自分で分からずにいるのです。」(ルカ23:34)

 

 これは私たちの心を大きく揺さぶる言葉です。主イエスの十字架において、人間の内に潜むあらゆる罪が浮き彫りにされました。特に、主イエスの生涯の最後の一週間の出来事の中にそれを見ることができます。

 

 民衆はイエスに革命の指導者としての期待を持っていましたが、その期待が裏切られた時、それは怒りとなって現われました。弟子たちも主イエスが捕えられた時から臆病な欠けだらけの姿を表わし、主イエスを裏切りました。ユダヤ教の指導者たちは自分たちの利得を守るためにイエスを抹殺しようとしました。総督ピラトもイエスに罪を認め得なかったにもかかわらず、民衆の圧力に屈し、正義を曲げてイエスを十字架に引き渡します。しかし、このような心は彼らだけでなく、私たちの誰もが持っている心です。つまり、主イエスは私やあなたの罪によって十字架にかけられたのです。

 

 ひと言の弁解もなく、なされるままの主イエスに対し、あらゆる悪意の矢が放たれました。十字架上の主イエスに対してもなお、「おまえは他人を救ったが、自分を救ってみろ」と罵声が浴びせられます。

 

 しかし、その最も不当な主イエスの十字架において、神の憐れみが最大限に現わされます。それがこの主イエスの第一声の言葉です。「父よ。彼らをお赦しください。彼らは、何をしているのか自分でわからずにいるのです。」

 

この言葉にある「赦し」の願いは、自分がそのすべての罪を負い、彼らの呪いをすべて引き受けるという意味です。このようなことを言って、それを実行された方はイエス・キリストだけです。私たちはこのイエス・キリストによって、なんらはばかることなく、神の前に大胆に近づくことができる者とされていることを心に刻みたいと思います。この方以外に救いはないことを確信し、赦された者にふさわしい歩みをしていきましょう。

 

 

今日の一言:十字架のことばは、救いを受ける私たちには神の力

 

 

鶴田健次


下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。

✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2021.03.31 07:58 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.