FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

 

31221_convert_20210312165418.png

 

 

空の器になれば満たされる

 

 

 器をいっぱいに満たすためには、器が空っぽでなければなりません。私たちの心が、肉の欲、目の欲、持ち物の誇りでいっぱいになっていれば、神は私たちの心を天国の祝福で満たすことはできません。天国は空っぽになった心に豊かに臨むものです。イエス様は「心の貧しい人たちは幸いである。天国は彼らのものである」と言われました。

 

 ですから、私たちの心の中にある罪と欲を捨てて、私たち自身が空の器になる時に、私たちは祝福に満たされるのです。貪欲の心を空にしてこそ祝福が臨むのです。貪欲は、神以上に自分の欲望を愛することなので、それは偶像礼拝に他なりません。。

 

 神は偶像礼拝を憎まれます。私たちが神以上に愛するもので自分の心を満たそうとすれば、神は私たちを祝福されません。たとえば、もし私たちの心が貪欲で神への捧げものを惜しむなら、神は私たちの経済を祝福されません。私たちが貪欲を捨てるなら、神は私たちの経済を祝福されるのです。

 

 イエス様は、「わたしが来たのは、羊がいのちを得、またそれを豊かに持つためです」と言われましたが、神は私たちを豊かにし、あらゆる良いもので満たそうと願っておられるのです。また、神からの祝福を頂いてこそ、私たちはその祝福を他の人に分け与えることができます。

 

 私たちが、たとえわずかな物でも、それを人々に分け与えるなら神は私たちを祝福されます。またその祝福を人々に分け与えるなら、神はさらに私たちを祝福し、その量を増し加え、私たちの器を大きくされます。祝福を注ぐには大きな器が必要だからです。

 

 エリシャのしもべの一人が死んで、その妻がエリシャの所に来て言いました。「私の夫が死にました。ご存知のように、あなたのしもべは主を恐れておりました。ところが、貸し主が来て、私の二人の子どもを自分の奴隷にしようとしています。」

 

 そこでエリシャは彼女に言います。「あなたには、家にどんな物があるか、言いなさい。」 彼女は答えます。「ただ油のつぼ一つしかありません。」 するとエリシャは、「外に出て行って、隣の人みなから、器を借りて来なさい。からの器を。それも、一つ二つではいけません。家に入ったなら、あなたと子どもたちのうしろの戸を閉じなさい。そのすべての器に油をつぎなさい。いっぱいになったものはわきに置きなさい」と言いました。

 

 そこで、彼女はうしろの戸を閉じて、子供たちが次々に持って来る器に油をつぎました。一つの器に満たしても、他の器を持ってくるとまた油が出てきて、また出てきて、家の中にある器に油がいっぱいになったので、子どもに「もっと器を持って来なさい」と言いました。そこで子供が「もう器はありません」と言うと、油は止まりました。

 

 祝福の油は、空の器がある間はいつまでも流れますが、空の器がなければ止まってしまうのです。このように、空の器を作ってこそ、祝福の油が続けて注がれるのであって、私たちが空の器を作らなければ祝福は止まります。

 

 私たちに与えられる祝福をひっきりなしに分かち合って、私たちがひっきりなしに器を空にすれば、神は大きな器にまた満たして下さり、大きな器が空になれば、更に大きな器に満たして下さるのです。神は、きのうもきょうも、いつまでも同じであられ、その豊かさの通りに、私たちの必要を満たして下さるお方なのです。

 

ルカの福音書638節では、このように言われています。「与えなさい。そうすれば、自分にも与えられます。人々は量りをよくして、押しつけ、揺すり入れ、あふれるまでにして、ふところに入れてくれるでしょう。」

 

 

今日の一言:神は空っぽの器を満たされる

 

 

鶴田健次

 

下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。

✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

 

 

 

 

 

2021.03.12 01:00 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.