FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

13121_convert_20210201132542.png


小さな聖書



「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに世を愛された。それは御子を信じる者が、一人として滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」(ヨハネ3:16)


ヨハネ3:16は、聖書の中で最もよく知られている聖句です。ルターは、この聖句を「小さな聖書」と呼びました。また彼は、聖書というのは、イエス・キリストがそこに寝かされている飼い葉おけのようなものだとも言いました。


私たちは、聖書を通して、生きておられる主イエス・キリストとお会いすることができます。聖書は、私たちが主イエス・キリストと出会う場所だと言ってもよいでしょう。しかも、その聖書が証しする福音の全体が、このヨハネ3:16に集約されているのです。


この聖句が示す神の愛は通り一遍のものではありません。神は「そのひとり子をお与えになったほどに」この世を愛して下さったのです。初めからおられ、ご自身が神であり、万物の創造者である「父のふところにおられるひとり子の神」(1:18)を神は世に与えて下さったのです。


与えて下さったというのは、ひとり子なる神イエスがこの世に人間となって来られたというだけではなく、そのイエスが私たちの罪のために十字架で死んで下さったということです。そのことによって、父なる神は私たちの罪を赦し、私たちをもう一度神のもとで生きる者として下さったのです。


 さらに神がそのひとり子を与えて下さったことには、私たちのために十字架で死なれた主イエスを神が死から復活させ、信じる者にも復活の命が与えられることの保証として下さったことも含まれているのです。 



今日の一言:神よ、あなたのひとり子の命を与えるほどに私を愛して下さったことを感謝します。 



鶴田健次


下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。

✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2021.02.01 13:26 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.