FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

image001_202011251735315d7.jpg

感謝の心で生きる



「主に感謝せよ、主は恵みふかく、
そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。」(詩篇118:1)


今年も感謝祭の季節になりました。皆さんはいつも感謝の心でお過ごしですか? 感謝の心を持ち続けることは簡単ではありませんね。


昔、備前の富岡村に『ありがた与一兵衛』という人がいたそうです。朝起きると「おはよう」のかわりに、「ありがたい、ありがたい」と言います。何がそんなにありがたいのかというと、「朝起きて、家族の顔を見られてありがたい」のだと。またある時、小雨が降りだし急いで帰ろうと滑って転び、そこでもまた「ありがたい、ありがたい」と。転んで擦りむいて一体何がありがたいのかとたずねると、「自分の落ち度で骨折してもよさそうなところを、ただの擦り傷ですんだのがありがたい」・・・。


確かに、私たちは、感謝しようと思えば、どんな時にも感謝することは可能です。では、その秘訣はどこにあるのでしょうか。


水泳の練習中に、事故で首から下が付随になられた、ジョニー・エレクソン・タダという有名な伝道者がおられます。素晴らしい信仰の持ち主で、アメリカ全土だけでなく世界中で講演をしておられますが、彼女がこんなことを言っておられます。


「新しい事に気が付いてほしい。『弱い人』が、家庭や教会に必要だということを・・・。神様は自分自身に頼る人ではなく、自分の弱さを認め、神様に頼る人に力を与えて下さるから。だからこそ、私たちは弱さの中に誇りを持つことができる。神様を感じることもなく毎日を忙しく過ごしている人が、いちばん重度の障害を持っているのかも知れない。」


ジョニーさんは、目に見える障害だけが問題なのではなく、神様を必要だと感じないことこそが問題なのだと言っておられます。困難にぶつかった時、すぐにその意味を知りたい、答えを欲しい、と思うのが人間です。しかし神様は直ぐには答えを下さいません。ジョニーさん自身、自分の身に起こった出来事に、「神様、なぜですか?」という問いを繰り返したそうです。


しかし、彼女が長い祈りの葛藤の中で気付かされたことは、「私は答えを求めていたけれど、神様は既に、ご自身の命を私に与えて下さっている。だから、この神様がすべての答えなのだ」ということだったそうです。簡単に問題を解決したいと思う人間、簡単に答えを与えようとするこの世の宗教、しかし、そういうものはすべてまやかしであり、本当の答えも解決も与えてくれません。


しかし、「十字架で極限の苦しみと痛みを担って、私たちに火のような愛を与えて下さった方がいらっしゃる」、このキリストの愛こそが、どんな問題にも光を注ぐことができるのです。


ジョニーさんは毎朝、「感謝する心を与えて下さい。微笑みを与えて下さい」と神様にお願いし、一日を始められるそうです。人のお世話にならなければ自分の体を動かすことさえ出来なくても、感謝の言葉や、微笑みは与えることが出来るので、その感謝の心と微笑を与えて下さいと。そうすると感謝の心に満たされるそうです。


こんな大きなハンディを背負っている人が、今日も生かされていることを感謝し、毎朝、心からの感謝をもって一日を始められるとしたら、それは何と豊かな人生でしょうか。また、それを可能にさせて下さる神様という方は本当に素晴らしいです。


感謝は、神様に栄光をお返しし、感謝したことにより神様が喜ばれて、私たちの祈りに答えを与えて下さいます。ですから、私たちは、神様に感謝する生活をしなければなりません。神様に感謝する時、私たちの心は肯定的になり、また感謝する時、心が嬉しく、幸せな思いに浸ることができます。 


神様は、「すべての事に感謝しなさい」と言われました。良い時に感謝することは誰にもできることです。良い時にさえ感謝をしない人もたくさんいます。しかし、苦しくて、悲しくて、大変な状況の中にあっても、感謝をできるとすれば、それこそ聖霊に満たされたクリスチャンの姿ではないでしょうか。 


日本が生んだ偉大なキリスト教思想家・内村鑑三は、「いくら理解心が豊かで、熱心な行動をしたとしても、神様に向かって熱い感謝を捧げない人には、命のある信仰生活はない」と言いました。また、アイジャック・ワットンは、「神様には二つの居場所がある。一つは天国であり、一つは神様を愛し、感謝をする人の心の中である」と言いましたが、 まさにその通りだと思います。


今日の一言:いつも感謝の心で生きよう


鶴田健次


 下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。

✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2020.11.25 17:36 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.