FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

92520_convert_20200926004314_20200926004347e1b.jpg


ワクチンは安全か?(その1)



 WHOをはじめ、世界各国の医療機関の多くは、ワクチンを安全で効果的な予防医療として推奨しています。しかし、果たしてワクチンは本当に安全で信頼できる医療行為なのでしょうか。他の大切な事柄と同様、私たちはもっと自分自身でワクチンについて調べてみる必要があるように思います。


 そもそもワクチンとは、感染症を防ぐため、各種伝染病の病原菌から作ったものです。それらを接種することによって、あらかじめ体内に抗体を作っておき、感染症にかかりにくくするという仕組みです。


 予防接種の起源は、紀元前200年頃の古代中国にあると言われてます。現代のワクチンにつながる歴史としては、1718年、在イスタンブール・イギリス大使の妻メアリー・モンターギュ夫人が、トルコ人のある習慣を知ったことが始まりで、なんとトルコでは、当時すでに天然痘の予防をしていたのです。


その方法は、症状の軽い天然痘から採取した液体を接種するというものでした。モンターギュ夫人は、若い時に天然痘で死にかけた経験があり、子供が天然痘にかかることを恐れた夫人は大使館の侍医に依頼してトルコ式の予防接種を子供に施したのです。そして、夫人の侍医が1724年に英国王立協会に予防接種の科学的説明を提言すると、たちまちイギリスとフランスで予防接種が採用されるようになりました。


 その後1796年、イギリス人医師・エドワード・ジェンナーが天然痘ワクチン(種痘)を完成させ、さらに、フランスの細菌学者ルイ・パスツールが病原体の培養を通じてこれを弱毒化すれば、その接種によって免疫が作られると理論的裏付けを与え、応用の道を開きました。


 それ以来、19世紀までヨーロッパを中心に徐々に普及し始めたワクチンは、20世紀に入るとWHOをはじめとする各国の医療機関の大々的なキャンペーンにより世界中に広まりました。


ワクチンの危険性について


 初期の予防接種の成功以来、さまざまな伝染病に有効とされ、世界中に広まったワクチンですが、調べていくうちに、実はその裏側では、多数のワクチン禍が起きていることが分かりました。


 WHOは、世界での伝染病撲滅というスローガンを掲げ、莫大な予算を投入し、さまざまなワクチンを世界中で普及させようとしていますから、多くの人にとって、ワクチンは病気の予防になる安全なものだというのが常識です。しかし、ここでは一旦その常識を白紙に戻して、これまで公には語られることのなかったワクチンの危険性について見ていきたいと思います。


 私たちにとって、もっとも身近なワクチンのひとつにインフルエンザワクチンがあります。毎年冬になると大勢の人がインフルエンザに感染することから、多くの人に広く接種されています。しかし、インフルエンザワクチンは過去に予防効果がないという理由で定期予防接種から外されたワクチンであることをご存じでしょうか。毎年約3000万人に接種し続け、効果がなかったので中止せざるを得なかったのです。


科学的な検証がないままに1948年から1994年までの46年間にわたり実施されていましたが、全く有効性がないことが判明し、以後全国的なボイコット運動により中止されました。日本は世界で唯一、公的にインフルエンザワクチンが無効であることを証明した国です。


1980年から1986年にかけて、前橋医師会は、児童のワクチン接種率が90%以上の高崎市と接種率がほぼ0%の前橋市とでインフルエンザの罹患率を調査し、ほぼ変わらないことを証明しました。


その後、全国的にインフルエンザワクチンへの反対運動が高まり、1994年の予防接種法の改正で定期予防接種から外されました。しかし、今なおCDC(米・疾病管理センター)の過去の有効とされないデータをもとに、インフルエンザワクチンの有効性をメディアを通じて声高に呼びかけているのは信じがたい話です。


 1990年代以降、鳥インフルエンザ、豚インフルエンザといった新型インフルエンザのニュースが大々的に出回り、多くの人々が不安になっていますが、真相はどうなのでしょうか。過去に世界で大流行したインフルエンザについて調べた結果、そこでもワクチンが大いに関係していることが判明しました。


 これまで知られている中で最も多くの死亡者を出したインフルエンザは、1918~19年に大流行したスペイン風邪です。スペイン風邪といっても実際の発生源はアメリカです。当時、各国は第一次大戦中でその流行を報じませんでした。そこで、当時中立国であったスペインが、その大流行の存在を報じたため、「スペイン風邪」と呼ばれるようになりました。その犠牲者は、世界で4000万人から5000万人と推定され、日本国内でも約40~50万人もの死亡者が出たと言われています。


 驚くべきことに、このスペイン風邪も、実はワクチンが原因だったのです。テレビや新聞のニュースでは一切報道されませんが、最近になってその原因の科学的な究明が進んでいます。その結果、判明したのは、米軍内で接種されてきた腸チフスワクチンが体内で変異を起こして強力なパラチフス菌になり、それがインフルエンザの正体であることが判ったのです。そして、それが米軍内から発生していることを隠蔽するために今でもスペイン風邪と呼び続けています。このとき、インフルエンザにかかったのは、ほとんどがこのワクチンを接種された人達でした。


 そして、最近話題になった豚インフルエンザですが、これは今から40年以上も前の1976年、同様に米軍基地内で突然発生しており、このときラムズフェルト国防長官が豚インフルエンザ・ワクチンを法的に全国民に強制接種しようと動きました。 政府は、テレビや新聞を通じて、国民にワクチン接種を受けるよう大々的な宣伝活動を展開し、その結果、指示に従った4600万人が接種を受けました。しかし、4000人が神経麻痺などの深刻な健康被害に見舞われ、50人を超える死者が出たため、ワクチン接種は中止になりました。

                                      

 しかし実際には、政府がテレビや新聞で警告する大流行は現実には起きていませんでした。事実は、豚用に製造されたインフルエンザ・ワクチンによって豚が死んでしまうのを知った養豚業者が接種を拒否したため、ワクチンが大量に余ってしまい、それを人間に流用したにすぎないのです。政府と製薬会社は、そのワクチンが何の効果もないどころか危険でさえあることを知りながら、利益のために大々的にキャンペーンを行い国民に消費させたのです。この信じられない事実は、元FDA(連邦食品医薬品局)のワクチン管理部長であり、ウイルス研究部長でもあるアンソニー・モリス博士の良心的な内部告発によって明らかになりました。この証言の直後、博士はFDAから辞職させられました。


 このように一見、私たちには自然界から突然偶発的に発生しているようかのように見えるインフルエンザも、実は、その後につながるワクチン接種の大量消費による利益を目的として作り上げられているという事実があるのです。


 ワクチンには、さらに多くの人が知らない裏事情があります。本来、ワクチンは私たちの健康を守ったり、子供たちの命を守る目的で使用されてきました。しかし、それは開発当初の昔の話です。近代においては、まったく正反対の結果をもたらすことの方が多くなっています。これらが意図的なものか、それとも医療ミスによるものかは次回に述べますが、それらが起きていることは事実です。


 「ワクチンが、世界中に蔓延していた伝染病を終息させた」と医療関係者を含め多くの人々は信じていますが、その根拠はありません。なぜなら、20世紀以前に猛威をふるっていた天然痘、はしかなどの伝染病の多くは、住環境や衛生環境の向上によって一掃されたとする統計が出ているからです。ワクチン接種が世界的に実施される前に、その大流行はすでに終息していたのです。むしろ、天然痘、ジフテリア、はしかなどについては、ワクチンが感染を復活させ、拡大させたとする統計が出ています。


 例えば、1950年代以降、アメリカにおいて根絶しつつあった小児麻痺は、ポリオワクチンによって、再び症例が増加しました。米・疾病管理センター(CDC)も近年になって、生ワクチンが小児麻痺の最も有力な原因になっていることを認めています。CDCの統計によると、1973年からの10年間の小児麻痺の全症例の87%はワクチンが原因でした。


 他に、ワクチンによる薬害の例として、1980年代後半から急速に増えた自閉症があります。自閉症は、原因不明の病気ですが、さまざまなワクチンに水銀系保存料(チメロサール)が添加される以前は非常に珍しい病気でした。実際多くのワクチンには、乳児にとって許容量の400倍を超える水銀が保存料として入っています。そして、水銀が人体、特に脳に非常に重大な損傷をもたらすことは、水俣病の例にもあるように科学的な事実です。


このように枚挙にいとまのないワクチンの危険性ですが、一部の医療関係者の間では100年以上も前から知られていました。


 1876年、ジェームズ・ウィルキンソン博士は、「ワクチン接種は、まさに狂気の沙汰と言うしかない。これは、純粋な殺人である」と断言しています。


 また1899年には、アルフレッド・ワレス教授は、その著書『素晴らしい世紀』の中で、「ワクチンに効果があるというのは、幻想だ。それを法的に強制することは犯罪である」と述べています。


1920 年に発行されたチャズ・ M ・ヒギンズ著の『ワクチンの恐怖』の中で、ニューヨーク市民の死亡診断書を15年間にわたり入念に調査し、天然痘の死亡者数よりも、天然痘ワクチン接種による死亡者数の方が毎年桁違いに多いことを発見し、ワクチン接種の法的強制を直ちに廃止するよう政府に呼びかけました。


また、このような統計を当時の医療関係者がすべてよく知ったうえで、意図的に隠蔽し、一般市民に知らせないままワクチンの接種を続けている事実を非難しました。


それは、現在でもまったく同じ状況なのです。



今日の一言:世の中には多くの人が信じている危険な偽りがある



鶴田健次


 下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2020.09.26 00:45 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.