FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

__convert_20200725010319.jpg


不確かな将来


 新約聖書のヤコブ書4章14節を見ると、「あなたがたには、あすのことはわからない。あなたがたの命は、すぐに消えてしまう霧に過ぎない」とありますが、まさに人生は短く、不確かなものです。


 この事は、聖書の至る所に書かれているテーマですが、一つの厳粛な事実は、あなたの人生の終わりが、いつ、どのようにして訪れるかを、あなたは前もって知ることができないということです。


 私は、皆さんに将来の心配をさせようとして、こんな話をしているのではありません。そうではなく、皆さんの前に必ず訪れる将来を、皆さんが正しく理解し、そのための正しい備えをされるためにこの話をしています。たとえ将来のことを考えないようにしても、将来が皆さんの身に降り掛かることを止めることはできません。


 それでは、皆さんの将来に必ず降り掛かる「死」について考えてみたいと思いますが、皆さんは、死を迎える準備が出来ておられるでしょうか。皆さんがどんな人生設計をし、どれだけ熱心に、その事と取り組んでいても、それとは関係なしに、皆さんはやがて必ずこの死と直面することになります。現在の日本人の平均寿命は、男性が81歳、女性が87歳です。


 しかし、だからと言って、女性の皆さんが87歳まで生きるという保証はどこにもありません。87歳が平均なら少なくとも70歳までなら問題なく生きるだろうと思っても、その保証もありません。あるいは、20歳の若者が30歳まで生きる保証もないのです。命に関しては、「あなたがたには、あすのことはわからない」と聖書にあるとおりです。


 聖書によれば、多くの人々が持っている死に対する理解は不十分であることが分かります。ヘブル書9章27節で、「人には、一度だけ死ぬことと、死んだ後さばきを受けることとが定まっている」と言われているように、私たちが、この地上での生涯を閉じるとき、それは地上の生涯の終わりを意味するだけではなく、死と同時に、永遠の天国か、永遠の地獄か、そのいずれかが決まるのだと聖書は教えているのです。


 ですから、私たちが生きている間に、しかも出来るだけ早く、この永遠の問題を解決しておくことは、すべての人にとって何よりも大切な課題であると言うことができます。皆さんは、この永遠に関する問題解決をしておられるでしょうか?


 私の娘が大学4年生のとき、彼女の一年先輩の親しい友人が、急性白血病のために、23歳の若さで亡くなりました。私も一度会ったことがありますが、とても優秀で真面目で映画俳優のようなハンサムな青年でした。彼の両親は、彼が14歳の時に、11歳の娘と4人で小さなボートに乗り、命懸けでベトナムを脱出した難民です。


 アメリカに無事に着いて自由を得た彼の両親は、二人の子供たちを一人前に育てるために、寝る時間も惜しみながら、それぞれが最低賃金で二つの仕事を続け、子供たちの教育に力を注ぎました。そういう両親の後姿を見ながら育った彼と彼の妹は、一生懸命に勉強に励み、やがて二人ともカリフォルニア大学DAVIS校に入学し、彼はトップの成績で卒業しました。


 親孝行の彼は、IT関連の超優良企業に就職し、苦労をして自分を育ててくれた両親に親孝行をするために頑張ろうとしていました。また、彼の両親も、大きな期待をもって彼の将来を楽しみにしていました。そんな中で、突然、彼は具合が悪くなり、急性白血病であることが分かり、入院して二週間でこの世を去ってしまったのです。


 死とは、そんな一面を持っています。そして、これと同じような事が私たちの上に起こらない保証はどこにもないのです。たとえそれが、30歳であろうが、50歳、60歳、70歳であろうが、いつやって来るかは誰にも予想がつきません。だからこそ、今、そのための備えをすることが大切なのです。


幸いにも、この青年の家族は、全員が神を信じる人々で、お父さんは、葬儀の最後の挨拶のとき、参列者の前で、非常にしっかりとした口調で、「私の息子は天国に行き、私たちはやがて必ずそこで再会できるので、私たちは大丈夫です」と言われました。皆さんは、同じ状況を迎えられた時、このように言える備えをしておられるでしょうか?


もしまだなら、人類史上、ただひとり、死に勝利されたイエス・キリストについて学んでみてください。私は、イエス・キリストのことを中途半端に知り、自分の限られた枠組みの中でそれを吟味し、間違った結論を下しておられる多くの方々を知っています。それは本当に残念なことです。


W.E.グラッドストン(故英国首相)は、「私はこの時代に、偉人と呼ばれる95人の人を知っている。うち87人は、聖書を奉ずる人であった。聖書の特色はその特異性にあり、他のあらゆる書物を無限に引き離している」と言いました。


あなたは世界中の多くの偉人たちが、イエス・キリストを信じ、イエス・キリストに最も大きな影響を受けたと証言している事実をご存知ですか?  あなたも是非、イエス・キリストとの本当の出会いを経験し、不確かな将来を確かなものにされて下さい。


今日の一言: 不確かな将来を確かなものにしよう


鶴田健次


下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨


2020.07.25 01:04 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.