FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を


size0_convert_20200530013919.jpg

マッカーサーを感動させた天皇の言葉


 突然目の前に現れた天皇陛下の「ある一言」がマッカーサーの平静を一瞬で奪い去りました。


 昭和20年8月15日、天皇陛下による「終戦の詔書」、いわゆる玉音放送をもって、日本国民は日本が戦争に負けた事を知らされます。アメリカとイギリスに宣戦布告をした大東亜戦争はここに集結したのです。この時、天皇陛下が憂いていたのは、占領軍の方針でした。日本のために命を懸けて戦った者たちが罪人として裁かれてしまうこと、これから苦難を受けるであろう国民たちの生活、これらの事を陛下はひどく心配していました。


 玉音放送から半月後の8月30日、厚木の飛行場にひとりの男が降り立ちました。彼の名はダグラス・マッカーサー。日本のこれからをその手に握る連合国の最高司令官です。マッカーサーは大戦の中で、アメリカの極東陸軍司令官として日本と激戦を繰り広げました。開戦当初は、あまりにも強すぎた日本軍を目の前に敵前逃亡をしたこともありましたが、その後、一度は日本に奪われたフィリピンをなんとか奪還し、名誉を回復します。しかし、彼自身は日本に対して遺恨を残すことになりました。そのマッカーサーが、GHQの最高司令官として、トルーマン大統領から全米史上例のない全権を与えられ、日本を占領するために来日したのです。


マッカーサーはGHQの総司令部を千代田区の第一生命ビルに設け、皇居を見下ろす6階の執務室で、日本占領政策を着手し始めました。


9月2日に東京湾上のアメリカ戦艦ミズーリで日本に降伏文書を調印させ、さらに日本政府に事前通告なしで東条英機ら39人を戦争犯罪人として逮捕させました。


9月10日には、アメリカの議会で天皇を戦犯として裁くべきだという政策が提出されたため、天皇や皇族も戦争犯罪人として逮捕される可能性が出て来ました。


そして、9月27日、天皇陛下は逮捕や命を狙われる危険がある中、連合国軍の最高司令官であるマッカーサーに会うためにアメリカ大使館公邸を訪れます。


その時、大使館公邸の玄関で、陛下を出迎えたのはマッカーサーではなく、マッカーサーの副官でした。この日本の運命を決めるであろう会談に、陛下は陛下の希望で、通訳をひとりだけ連れて、マッカーサーの待つ部屋に向かいました。


 陛下訪問の知らせを聞いたマッカーサーの脳裏には、第一次世界大戦直後のドイツのことが浮かんでいました。その時、敗戦国の王となった皇帝ヴェルヘルム2世は、「戦争は国民が勝手にやったことであって自分には責任がない。だから私の命だけは助けてほしい」と命乞いを申し出ました。ですから、ドイツの皇帝同様、天皇陛下もきっと命乞いをするだろう・・・と予想をしていたマッカーサーは、パイプを口にくわえ、横柄な態度で、ソファーから立とうともしませんでした。椅子に座り、背もたれに体を預け、足を組み、パイプをくわえた彼の姿はまさに陛下を見下しているのが丸わかりでした。


そんな屈辱的ともいえるマッカーサーの態度に対して、陛下は直立不動で、まず国際儀礼としての挨拶をして、次に自分の進退について述べました。


「日本国天皇はこの私であります。そして、戦争に関する一切の責任もこの私にあります。この戦争は私の命においてすべてが行われたものであり、この日本には一人も戦犯はいません。私は絞首刑はもちろんのこと、いかなる極刑に処されても、いつでも応ずるだけの覚悟があります。しかしながら、罪なき8000万の日本国民は住むべき家がなく、着るにも衣がなく、食べるにも食するものがありません。まさに、深憂に耐えんものがあります。閣下の温かきご配慮をもって国民たちの衣食住の点のみ、是非ともお願いしたい。」


 この陛下の言葉に、マッカーサーは今までに経験したことのない衝撃を受けます。「どうせ命乞いに来るのであろう」と思っていたのに、それが自らの命と引き換えに、「自国民を救ってほしい」と言う、そんなことを願い出る王など、世界の歴史の中で聞いた事がない。マッカーサーにとって陛下のこの言動は、全くの想定外でした。そして、彼はくわえていたパイプを机に置き、椅子から立ち上がり、今度は、まるで陛下の臣下であるかのように、直立不動で陛下の前に立ちます。


 「天皇とは、こういうものでありましたか・・」

    

 マッカーサーは、この時のことを回想録にこう記しています。「天皇陛下のこの言動は、私の心を大きく揺さぶった。陛下の死をもいとわない覚悟、私の知りうる諸事情に照らし合わせても、明らかに陛下の責任ではないことまで、陛下は引き受けようとされていた。この勇気に満ちた態度に、私は骨の髄まで揺り動かされ、その瞬間、私の目の前にいるこの天皇こそが日本における最高の紳士であると私は思った。」


わずか37分の会談でしたが、マッカーサーの陛下に対する見方は「180度」変わりました。マッカーサーは、次に重要な仕事が入っているにもかかわらず、予定を変更し、自ら陛下を玄関まで見送ります。この時、彼は陛下のやや斜め後ろを歩き、大使館から出てきました。これは、マッカーサーの陛下に対する最大限の敬意の表れでした。


昭和天皇のこのような話を聞き、主イエスが言われたこの御言葉を思い浮かべました。

「人がその友のために自分の命を捨てること、これよりも大きな愛はない。」(ヨハネ15:13)



鶴田健次


    下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。



✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2020.05.30 01:40 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.