FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

#481_convert_20200314032511


教皇フランシスの問題発言(2)


「それから、御使いは、御霊に感じた私を荒野に連れて行った。すると私は、ひとりの女が緋色の獣に乗っているのを見た。その獣は神をけがす名で満ちており、七つの頭と十本の角を持っていた。 この女は紫と緋の衣を着ていて、金と宝石と真珠とで身を飾り、憎むべきものや自分の不品行の汚れでいっぱいになった金の杯を手に持っていた。 その額には、意味の秘められた名が書かれていた。すなわち、『すべての淫婦と地の憎むべきものとの母、大バビロン』という名であった。 そして、私はこの女が、聖徒たちの血とイエスの証人たちの血に酔っているのを見た。私はこの女を見たとき、非常に驚いた。」(黙示録17:3-6)


 黙示録によると、復興ローマ帝国である「獣」には、ひとりの女が乗っていると記されていますが、それが「大淫婦バビロン」と呼ばれる女です。淫婦が宗教組織を表わす一方で、獣は政治的勢力を象徴します。宗教が政治的勢力にまたがるというのは支配を意味し、終末時代のこの宗教組織は、政治的勢力を支配するということです。


大淫婦バビロンと呼ばれる宗教組織は、世界中の国々を偶像崇拝によって堕落させます。淫婦とは、みだらな女や多情な女のことで、に関して欲望のままに行動し、不特定多数の男性との間に情事を行なう女性のことです。つまり、この大淫婦バビロンは、真の神と契約を結びながら、人間が作った偽りの神々とも契約を結ぶ宗教組織だということです。


ここで言われている大淫婦バビロンが何を表しているかについては幾つかの説がありますが、もし現代を終末に近い時代であるとすれば、それはエキュメニカル運動によってもたらされようとしている世界統一宗教と見るのが最も自然です。


エキュメニカル運動とは、20世紀に起こった、プロテスタントを中心とするキリスト教の教会一致促進運動のことです。ところが20世紀の後半にカトリック教会が加わり、今ではカトリックが中心になって推し進める神概念の統一運動へと様変わりしています。


世界に目を向ければ、宗教は統一した方が平和のためになると多くの人が思うでしょう。イスラム世界ではキリスト教徒の腐敗がすべての悪の根源であるとされていますし、西欧諸国ではイスラム教原理主義者たちによるテロの危険が叫ばれています。日本でも怪しげな新興宗教の影響で、宗教は要注意という傾向にあります。そこでニューエイジ的な考え方、つまり全ての宗教は同じ神の別の表現であるとする考え方が支持され、宗教概念の統一が叫ばれるようになりました。それがまさに今日のエキュメニカル運動です。


以下のビデオは、教皇フランシスの聞き捨てならない問題発言です。




このような考え方は三位一体の神を唯一の神として信じるキリスト教信仰とは相反する考え方です。ローマ教皇フランシスは、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教、仏教などの諸宗教を一致させようとしています。真のキリスト教を否定し、誰でも安易に入れる新しい世界宗教を作り、その支配者になろうとしています。 


ローマ教皇ほど世界政治の舞台に登場し、活躍する宗教家は他にいません。バチカンがこの大淫婦バビロンである可能性は非常に高いと思います。平和的に見えるこのエキュメニカル運動も、裏を返せば、結局は誰も何も信じていないことの表明です。まさに今の時代に、ローマカトリック教会がそのようなムーブメントの先導をしているということは、「時のしるし」のひとつです。いつか現れる復興ローマ帝国を、最初に裏で支配するのはこの宗教組織です。 


  聖書の終末預言の立場から言えば、これらの宗教統合の動きはさらに加速して行きます。そして聖書に記されている、反キリストと呼ばれる人物が登場することになります。彼は宗教統一のムーブメントに乗じて世界的なリーダーとなります。しかしやがて彼は、この世界統一宗教をも否定して自分が神であると宣言するのです。
  

今日の一言:時のしるしを見逃すな


鶴田健次


下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。

✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2020.03.14 03:24 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.