FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

ハロウィーンと言えば、仮装をした子供たちが「Trick or Treat?(何かくれないといたずらするぞ!)」と言いながら家々を回り、お菓子をもらう、そんなイメージを思い浮かべますが、このイメージのハロウィーンはアメリカで発展したもので、本来のハロウィーンは、数千年前の古代ケルト民族(アイルランドなど)の祭り(Samhain)に由来すると言われています。

古代ケルト民族は、1年の終わりを10月31日と定め、その夜を死者の祭としました。
それは死者の霊が親族を訪ねて来る夜であり、また悪霊が子どもたちをさらったり、作物や家畜などに害を加える夜でもありました。
古代ケルト人と古代ローマ人がブリテン島を征服して以来、両民族の祭りが組み合わされるようになり、古代ケルト民族のドルイド教の収穫祭の行事に、ローマの果家女神Pomonaの祭が組み合わされ、秋の収穫を祝い、悪霊を追い出すという祭りになったと言われています。

さらにその後、キリスト教が伝えられるようになり、この祭りを、カトリック教会の万聖節(毎年11月1日に諸聖人を記念する祝日)の前夜ということから、万聖節前夜祭を意味するHalloweenと呼ぶようになったのです。
(万聖節はAll Hallow'sと言い、その前日である事からAll Hallow's Eveと呼ばれていたのが、Hallow E'enとなり、短縮されてHalloweenと呼ばれるようになったということです。)

したがって、アメリカでのハロウィーンの慣習は、ケルト文化とカトリック教会の「諸聖人の祝日」が民間習俗的に独自発展したもので、ハロウィーンという名前はカトリックの教会暦から作られていますが、キリスト教の行事では全くありません。
ましてや、プロテスタント教会には聖人という概念がないので、名前の由来である「諸聖人の祝日」さえ意味を持ちません。
つまり、ハロウィーンは、聖書にも教会にも本来なんの関係もないものなのです。

今年も、もうじきハロウィーンですが、子供たちが仮装してお菓子を貰い歩くのは微笑ましい光景です。
ハロウィーンのときの仮装は、その昔、悪霊を恐れた人々が霊に取りつかれないように、夜外出をするときは、恐ろしいコスチュームを身に付け、自分もお化けのふりをしたり、逆に霊を脅かしたりしたのが始まりだそうです。
また、お菓子をねだるのは、悪霊が家の中に入らないように、家の前にボールに入れた食べ物を置いたことに由来するようです。

(LVJCC担任牧師: 鶴田健次)

          イラスト提供「webサイト赤ずきんちゃんの散・歩・道」
2008.10.28 19:07 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.