FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

12242019.jpg


クリスマスの教えは失うこと


 クリスマスとは、御子イエス・キリストの降誕を祝う日です。しかし、なぜキリストの降誕がここまで世界を挙げて祝われるのでしょうか。それはキリストの降誕が、絶望の世界に希望をもたらし、暗黒の世界に光をもたらしたからです。つまり、罪のために永遠の滅びが定められているすべての人に、キリストを信じる信仰によって罪が赦され、永遠の命が与えられる道が開かれたからです。


 しかし、人間にとっては有難すぎるこの救いが与えられるために、神の子キリストはご自身の命を身代わりとして捧げなければなりませんでした。つまり、言い方を替えれば、イエス・キリストはご自分の命を失うためにこの世に来られたということです。


 ですから、クリスマスのメッセージは、失うことがもたらす恵みということです。だからこそイエス様は、愛する私たちが救われるという、ご自分の前に置かれた喜びのゆえに、自ら進んで十字架につかれたのです。


 新約聖書にたくさんの教会が登場しますが、中でもマケドニヤの二つの教会が輝いています。その理由は、その二つの教会が失うことの喜びを知っていたからです。その二つの教会とは、ピリピ、そしてテサロニケの教会です。


 彼らは、迫害と貧しさ、偶像礼拝などに悩まされました。しかし、否定的に思えるそれらの環境は、教会がめげてしまう要因にはならず、逆に教会に力を与えてしまう結果になりました。パウロがコリントの教会に出した手紙にこう書いてあります。


 「さて、兄弟たち。私たちは、マケドニヤの諸教会に与えられた神の恵みを、あなたがたに知らせようと思います。苦しみゆえの激しい試練の中にあっても、彼らの満ちあふれる喜びは、その極度の貧しさにもかかわらず、あふれ出て、その惜しみなく施す富となったのです。」(2コリント8:1-2)


 実に彼らは失うことを恐れるどころか、喜んだのです。それは、キリストにあって、失うことがもたらす計り知れない恵みを知っていたからです。世界にで働く宣教師、伝道者、そして彼らを派遣する教会も、それをよく知っています。


 アライアンス教団にメーベル・フランシスという女性宣教師がおられました。1880年、ニューハンプシャー州の牧師の家庭に生まれました。彼女が幼いとき、毎朝祈る母の言葉が彼女の耳に刻まれました。


 「主よ、どうか極東の島国、日本という国に宣教師を遣わし、その国民を救ってください。」


 ある朝、彼女は母に告げました。「お母さん、私が日本に参ります。」 そして彼女は成長し、宣教師として、日本を選んだのです。彼女は、四国においてキリストの器として、素晴らしい足跡を残しました。


 多くの教会を生み出し、牧師を育て、戦争中も帰国せずに日本に留まり、日本人のために働きました。戦後、孤児達を助けた功績により、日本政府から表彰されました。その際、昭和皇后の前に招かれた彼女は、皇后に向かってこう言われたそうです。「あなたは、救われていますか?」


 彼女は自分の人生を神に捧げ、日本人のために時間と労力を捧げつくしました。彼女の問いは、キリストからのあなたへの問いそのものです。 「あなたは、今、救われていますか?」


 クリスマスの教えをどう位置づければよいでしょうか。 贈り物? 家族愛? 施し? 人間愛でしょうか? 

いや、そうではなく、クリスマスの教えは「失うこと」ではないでしょうか。


 神は人間のために、最も大切な独り子を失ってくださいました。キリストは天にある神の座と栄光を捨てて、この世に降りて下さいました。新約聖書は、失うことこそ愛だと言っています。与え、捧げ、ゆだね、託す。そしてイエス様は弟子達に言われました。


「だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい。」(マルコ8:34)


 私たちの苦手は、失うことです。人間ならば、誰でもそうだろうと思います。得ることを望みます。受けることを求めます。与えられることに喜びを感じます。そのためには日夜祈ります。しかし、失うために祈ったことはあるでしょうか? 


 考えてみると、いつも得ることを求めていたように思います。「祝福をください。癒してください。覚えてください。恵み給えてください」とばかり祈ってきたような気がします。


 キリストは、私たちのために、すべてを失ってくださいました。人生も命も、私たちのために。それも人間の内側を支配する醜い罪のためにです。


 イエス様がお生まれになった理由は、与えること、失うことを抜きに語ることはできません。十字架に向かって生きられた33年間、人間のためにご自身のすべてを失ってくださいました。クリスマスの真の意味はここにあります。


 すべてを人類に与えつくして、主イエスは生涯を終えられました。家畜小屋に生まれ、飼い葉おけに寝かされ、ひっそりと眠る御子イエスを拝んだ羊飼いたちと博士たちは、どんな印象を持ったことでしょう。


もうじきクリスマスが来ます。失うためにお生まれになったキリストに出会うために、静かな心で、その日を待ちたいと思います。



今日の一言:クリスマスの教えは失うこと



鶴田健次




下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2019.12.25 01:17 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.