FC2ブログ

LVJCC Blog

ラスベガス日本人教会  砂漠の地ラスベガスから乾いた心に命の水を

12132019.jpg


すべてのことについて感謝しなさい

 

 使徒パウロは、第一テサロニケ5章18節で、「すべてのことについて感謝しなさい」と勧めました。この聖句は16節、17節の聖句とともに、聖書の中でも最も有名な聖句のひとつです。

 

 「すべてのことについて感謝しなさい」 これはすべてのこと、どんな状況でもということです。つまり嬉しい時でも、悲しい時でも、失敗した時でも、さらには苦しみに直面している時でも、すべてのことについて感謝しなさいという意味です。いったいどうすればこのような時にも感謝できるのでしょうか。

                                                

 ここで鍵になるのは、同じ18節にある、「キリスト・イエスにあって」という言葉です。自分の力ではとても感謝などできなくても、キリスト・イエスにあるならば感謝できるのだということです。災害に見舞われても、病気になっても、思うように事が進まなくても、この世を治めておられる神様の視点で物事を見るなら、どんな状況でも感謝することができるのです。

 

 ジョン・クゥアンの「一生感謝365日」という本の中に、すべての感謝の基本ということで、次のように書いてあります。

 

「幸せは持っているものに比例するのではなく、感謝に比例する。自分の人生のすべてのことを感謝だと感じられれば、それに比例して幸せも大きくなる。ではどのように感謝することができるだろうか。 (中略)

イエス・キリストを送ってくださったことにより、死から永遠のいのちに移されたことよりも尊く、価値のある贈り物が他にあるだろうか。だからこそ私たちは、イエスの十字架を見上げて感謝しなければならない。これがすべての感謝の基本であり、始まりである。」

 

 これがキリスト・イエスにあってということです。私たちはイエス・キリストにあってこのような素晴らしい救いを受けているのです。ですから、たとえこの地上で悲しいことや苦しいことがあっても、そうした目の前の出来事に押し潰されず、その先にある栄光の望みを見て喜び、感謝することができるのです。

 

 この手紙を書いたパウロは獄中にあっても喜んで毎日を生きていました。彼の人生は苦難の連続でした。宣教の働きにおいては、非常に激しい、耐えられないほどの圧迫を受け、ついには死さえも覚悟したと彼は言いました。そればかりか、彼は肉体に一つのとげを与えられ、それを去らせてくださいと三度も主に願ったにもかかわらず、取り去られることはありませんでした。

 

 辛く苦しい人生を呪えと言われて呪う権利がある人がいるとしたら、このパウロとヨブが一番に挙げられると思います。それほどの苦しみを味わったのです。そのパウロが、「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべてのことについて感謝しなさい」と言うことができたのは、彼がこの素晴らしい宝を見出していたからです。

 

 ピリピ書4:11-13で、パウロはこのように書いています。

 

 「乏しいからこう言うのではありません。私は、どんな境遇にあっても満ち足りることを学びました。私は、貧しさの中にいる道も知っており、豊かさの中にいる道も知っています。また、飽くことにも飢えることにも、富むことにも乏しいことにも、あらゆる境遇に対処する秘訣を心得ています。私は、私を強くしてくださる方によって、どんなことでもできるのです。」

 

 これがパウロの喜び、パウロの感謝の秘訣だったのです。私たちは、私たちを強くしてくださる方によってどんなことでもできるのです。私たちに永遠の命を与えて下さった神の恵みがあれば、すべてのことについて感謝することができるのです。

 

聖歌の「やすけさは川のごとく」を書いたホレイショ・スパフォードは、絶望的な状況でも、神の前で喜び、賛美し、感謝した人です。弁護士であり、法医学の教授であった彼は、ムーディーが赴任していたシカゴの教会の執事でした。しかし、シカゴ大火災で全財産を失い、火災の直前に息子を失いました。大きな試練に遭ったスパフォードとその家族には、休養が必要でした。1873年、彼は妻と4人の娘と共に、ヨーロッパ旅行を計画しました。しかし、スパフォードは、D・L・ムーディーの伝道旅行を手伝うために、妻と4人の娘を先に船に乗せました

 

ところが、妻と四人の娘たちを乗せた船が衝突事故を起こし、娘たち全員が亡くなってしまいました。生き残った妻に会い行くために舟に乗りました。船長と話していると、船長が、「もう少ししたら、娘さんたちが眠っているところを通りますよ」と言いました。その言葉を聞いたスパフォードは、それまで冷静さを保とうと頑張っていた心に、大きな嵐が吹き始めました。寝室に戻り、悲痛な叫びの祈りを神にささげました。

 

 長い祈りの中で、絶望し、泣き疲れているスパフォードに神の臨在が波のように押し寄せました。その瞬間、今まで体験したことのない平安が彼の心に満ち溢れました。全ての苦難と絶望と悲しみは神の臨在の波にのみ込まれ、人知では計り知れない心の平和がやってきました。そして、彼の心に、神を賛美する歌詞が湧き上がってきました。

 

やすけさは川のごとく 心ひたすとき
悲しみは波のごとく わが胸満たすとき

 

すべてやすし み神共にませば

 

When peace, like a river, attendeth my way,
When sorrows like sea billows roll;
Whatever my lot, Thou has taught me to say,
It is well, it is well, with my soul.

 

It is well, with my soul,
It is well, with my soul,
It is well, it is well, with my soul.

 

世界を信仰の目で見上げることができるなら、そこに変化が起こります。神様の力がどれほど大きいか、神様が自分をどれほど愛してくださっているかを知るなら、私たちは神様に感謝をせずにはいられません。信仰の目が感謝を生み出すからです。

 

 

今日の一言: すべてのことについて感謝しなさい

 

 

鶴田健次

 

 

鶴田健次


下記のアイコンのクリックで応援を願いいたします!またFacebookをご利用の方は、「いいね」と「シェア」のクリックをしていただくと、多くの方々にも、教会ブログをお楽しみいただける機会になるかと思いますので、よろしければ、ご協力をお願いいたします。


✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨👇✨✨

2019.12.16 11:58 | 鶴田健次牧師より
| ホーム |

当教会は福音的プロテスタント教会です 統一協会(世界基督教統一神霊協会)やエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教でお困りの方はご相談ください

当ブログへのリンクや画像・文章等の転載については事前にご連絡ください

新改訳聖書(c)新改訳聖書刊行会

新共同訳聖書(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

口語訳聖書(c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955

Copyright (c) 2008-2013 LVJCC Blog All Rights Reserved.